この星の格闘技を追いかける

【UFN24】ハザウェイ、スプリットでマクレーに競り勝つ

2011.03.27

■ウェルター級/5分3R
ジョン・ハザウェイ(英国)
Def.判定2-1
クリス・マクレー(米国)

左ジャブを伸ばすハザウェイにマクレーが組みついていく。すぐに距離を取った両者、マクレーのローにハザウェイのパンチが決まるが、マクレーはすかさず組みついてドライブ。腰をコントロールするも、ケージを利して倒されないハザウェイは、そのまま前転してヒザ十字の態勢からアンクルロックへ。マクレーはボディに鉄槌を落し、足を引抜いてトップを奪う。

ケージを背にして立ち上がろうとするハザウェイは、立ち上がった直後にヒザ蹴りを救われテイクダウンを許す。ハザウェイが立ち上がっても執拗に腰をコントロールし続けたマクレーが残り1分でテイクダウンに成功する。

ハザウェイはガードからエルボーを突き立て、ラウンド終了間際にスタンドに戻ると、ヒザをボディに入れて初回を戦い終えた。


2R、ハザウェイの右がヒットするが、マクレーは組みついてテイクダウンを狙う。ここでトップを奪ったハザウェイ。バックに回りこむことはできなかったが、立ち上がり様にヒザをボディに入れる。

組みついたマクレーはまたもヒザを抱え上げてテイクダウン。ハザウェイは真正面から腕十字を仕掛けるが、マクレーは反応してトップをキープ。再び試合がスタンドに戻ってもマクレーの執拗なケージレスリングの攻防は続く。これを振りほどいたハザウェイはパンチからダブルレッグ、さらにシングルへ移行するもテイクダウンには至らない。

ヒザを突き上げたハザウェイだが、残り1分を切ったところで、マクレーが寝技の攻防のなかでマウントを奪った。

3Rに入ると、ヒザをボディに受け、シングルでテイクダウンを許すなどガス欠状態になったマクレー。ハザウェイはハーフからパウンド&エルボーを落とし、マクレーは防戦一方に。

フルガードに戻したマクレーだったが、今度は反対側のサイドに回られ、ハーフガードの攻防が続く。マクレーはリバーサルに成功して、エルボーを落とす。残り90秒を切って立ち上がった両者だったが、ハザウェイがテイクダウンを奪うと、パウンドを集中させる。マクレーが必死に立ち上がっても、またもハザウェイがテイクダウンを奪ったところでタイムアップに。集計に長い時間を要したジャッジの裁定は、29-28が二人、28-29が一人とスプリットでハザウェイが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie