この星の格闘技を追いかける

【UFC128】マーコート、秋山成勲の代役ミラーに判定勝ち

2011.03.20

■ミドル級/5分3R
ネイト・マーコート(米国)
Def.判定3-0
ダン・ミラー(米国)

前に出るマーコートに、ミラーの左がヒット。構わず前に出てきたマーコート。ミラーはシングルを合わせるが。マーコートはがぶるも、立ち上がりながらミラーはドライブし、シングルレッグでテイクダウンを奪う。尻もちをついたマーコートの腰をコントロールして立たせないミラー。それでも距離を作ってマーコートが立ち上がると、テイクダウンに合わせてギロチンへ。

タイトに入りかけたギロチンだったが、マーコートは首を引き抜くと、左エルボーを落していく。ハイガードの態勢を取ろうとするミラーに、今度は右エルボーを落とすマーコート。ラバーガード狙いのミラーをケージに押し込むが、レフェリーはここでブレイクを命じる。マーコートは右を当てて、腰をコントロールすると、豪快にミラーをマットに叩きつける。ギロチン狙いを諦めたミラーは、ガードからキムラアームロックを狙う。マーコートはこれを振りほどき、パウンドを落したところで1R終了のホーンを聞いた。


2R、右から左を打ち込み、前に出たマーコートが、さらにハイ、ローに繋げる。ミラーも右ストレートを伸ばして譲らない。マーコートの右ボディ、ミラーの右アッパーが交錯。距離を詰めたマーコートはハイでミラーの姿勢を乱すと、フライングニーを見せるも、ここはミラーがキャッチしてテイクダウン。

試合はすぐにスタンドへ戻り、両者の右と左が同士討ちに。マーコートは踏み込みながら、パンチをヒットさせ、すぐにテイクダウンへ移行。ミラーはここでも得意のギロチンを仕掛けるが、マーコートは頭を抜いてエルボーを落す。このままマーコートはトップをキープし、優勢の2Rを終える。

最終回、ギロチンの影響からか、もしくは、テイクダウン狙いのせいか、スタミナのロスが目立つミラー。口を開けて戦う彼に、マーコートの右がヒットする。左ハイ、右ストレートと攻勢が目立つマーコートだが、ミラーもパンチを返していく。

手数に明確な差が出てきた両者、ヒザを折りまぜるなど、積極的に仕掛けるのは常にマーコートだ。迎え撃ってカウンター狙いのミラーだが、バランスを崩し気味になっている。それでも懸命に組みついてテイクダウンを狙ったミラーだが、上を取ったのはマーコート。

背中が伸び気味になり、かなり疲れが目立つようになったミラーに間断なくパウンド、エルボーを落とす。残り1分を切っても、ミラーは立ち上がることができず、盤石のマーコートがトップをキープ。ミラーの最後の抵抗、三角狙いを防いでタイムアップに。ジャッジの裁定は3者ともフルマークでマーコートのものに。秋山成勲の代役ミラーから渋く判定勝ちした。

なお、この試合後、PPV中継は、26日のUFCファイトナイト、4月30日のUFC129とともに、4月9日のストライフォース=SHOWTIMEでも中継するというインフォメーションが流れた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie