この星の格闘技を追いかける

【UFC128】印象&スコアリングでバルボーザがUFC連勝

2011.03.20

■ライト級/5分3R
エジソン・バルボーザ(ブラジル)
Def.判定3-0
アンソニー・ジョグアーニ(米国)

リーチが長く打撃に自信を持つ両者の一戦。ジョグアーニがスイッチしながら、打撃の機会をうかがうが、バルボーザが右ストレートをヒットさせ先制する。一瞬、後方にバランスを崩したジョグアーニはすぐに立ち上がって臨戦態勢をとるも、バルボーザが再び右をヒットさせ、ハイキックで追い込んでいく。

一度、距離を取り直したバルボーザ。素早い左、右ローを見せるものの、バルボーザも左から右を返していく。サウスポーから左前蹴り、ミドルを狙ったかと思えば、オーソドックスに戻すジョグアーニに、バルボーザがミドルを決める。左目を気にするジョグアーニは、バルボーザの強烈な右ローを受ける。前蹴り、ミドル、ハイを見せるジョグアーニ。バルボーザはステップバックから左を伸ばすと、ジョグアーニはアッパーで応え、右フックをヒットさせる。終盤、ジョグアーニが盛り返した形だったが、バルボーザが初回を取った。


2R、初回同様、組みつく動きが全く見られない両者。左が交錯するなか、バルボーザのローが入る。右フックから左ミドルを見せるジョグアーニ、バルボーザもなかなか距離を詰めることができない。と、バックスピンキックを見せたバルボーザ。ジョグアーニは蹴り足を掴んでテイクダウンに成功する。

パウンドを入れたいジョグアーニだったが、両足を蹴り上げバルボーザはすぐに立ち上がる。続くスタンドの展開でスピニングバックエルボーを見せるなど、勢いはジョグアーニに移りつつある。その後も互いに手数は出すが、ヒットは少ない試合展開のなか、残り20秒でバルボーザがダブルレッグを決め、劣勢のなか懸命にスコアリングを目指した。

最終回、前蹴りから掛け声とともにジャブを放つジョグアーニ。自ら鼓舞するような対戦相手に、バルボーザの手数が少なくなる。攻撃も空振が目立つバルボーザは、ディフェンスもステップバックでなくブロックするように。と、一気に距離を詰めたバルボーザはワンツーから、打ち終わりにローキックを見せる。

小刻みにスイッチを繰り返すジョグアーニに、距離を詰めて放ったバルボーザの左が捉える。続くハイが空振りに終わると、ジョグアーニは反対側まで押し込んでニーを蹴り込む。バルボーザは後ろ回し蹴り、左ミドルと足技を増やし、遠い距離での攻防で対処する。ジョグアーニも試合終了まで、パンチ&蹴りを出し続けるが、残り20秒でバルボーザがまたもテイクダウンに成功する。

試合を纏め、寝技に執着しなかったバルボーザが立ち上がると、まさに試合終了直前、バルボーザの放ったスピニングバックキックが、ジョグアーニの顔面を打ち抜いた。直後にタイムアップとなり、ジャッジは3人とも29-28をつけ、バルボーザがUFC連勝を飾った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie