この星の格闘技を追いかける

【BFC35】前世界王者グッド、ロザーノ下し滑り出し上々

2011.03.09

<ウェルター級トーナメント準々決勝/5分3R>
ライモン・グッド(米国)
Def.判定3-0:30-27、30-27、29-28
クリス・ロザーノ(米国)

右へ回りながら打撃を入れる機会を伺うロザーノ。距離を詰めたグッドは一瞬組みつくが、すぐに距離を取りなおす。距離の探り合いが続くなか、ロザーノの左右のローがグッドを捉える。グッドは我慢強く左ジャブを見せ続け、下がりながら戦うロザーノとの距離がつまると、ダーティー・ボクシングへ。

直ちに距離を取ったロザーノは、右回りを続け一度はローでグッドに尻もちをつかせるが、ここでもそれ以上の攻撃は見せない。グッドのローに右を合わせようとしたロザーノは、左ローを連打するも右フックを受ける。互いに非常に慎重な初回が終わった。


2R、ローから距離を詰めたロザーノに組みついたグッドが、ドライブ。ロザーノはギロチンを狙うが、頭の位置が高く首を抱え込むことができない。ケージ中央までロザーノが押し返すと、自然と試合は打撃戦へ。左フックをヒットさせたグッドは、組みついてきたロザーノを再びケージに押し込む。

首相撲からロザーノがボディにヒザを突き上げるが、グッドは距離を潰してケージ際へ。距離を取った両者、ロザーノの前蹴りにグッドが右ストレートをヒットさせ、追撃を掛ける。溜まらず距離を取り直したロザーノ、この試合、初めて明確に攻め込まれたことになる。再びケージレスリングの攻防となるが、ロザーノはダメージを受けたのか、盛んに目をしばたかせる。

レフェリーがブレイクを命じ、試合がケージ中央に戻ると、ロザーノは強引にパンチを振るうが、距離感が全くあっていない。グッドはプレッシャーを掛けると、ロザーノは攻撃のためでなく、打撃戦を避けるために距離をとる。と、ここでグッドが一気にダブルレッグでテイクダウンを奪い2Rをまとめた。

最終回、すぐにダブルレッグをきめたグッド。ロザーノのギロチンはすっぽ抜け、ガードをとるとパウンドを受ける。自ら立ち上がって距離をとったグッドは、組みついて強引にギロチンをしかけるロザーノをケージに押し込むも、首投げで投げられる。すぐに向きを変えたグッドをギロチンで迎え撃ったロザーノだが、これを塞がれると試合はスタンドへ戻る。

この局面では互角に打ち合った両者、再びケージレスリングの攻防になると、ロザーノは腕を巻き込むように自らヒザをつく。亀の態勢でグッドの手首を両腕で掴もうとしたロザーノは、立ち上がり際にパンチを受ける。そのままスタンドでバックを許したロザーノ、ヒザ蹴りを後方からボディに浴び、ヒザ十字狙いで前転するも、足に触れることもできない。

トップを取ったグッドは細かいパンチを落しながら、ケージ際に押し込み、バックマウントの態勢に。ロザーノの背中を伸ばし、リアネイキドチョークの態勢に入ったグッド、ロザーノも一本負けだけは逃れようと粘りを見せるも、パウンドを集中される形でタイムアップを迎えた。ジャッジの裁定は当然、グッドのもの。前世界王者がベルト奪回へ順調な滑り出しを見せることとなった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie