この星の格闘技を追いかける

【UFC88】“ミスターUFC”リデルにエヴァンスの脅威

2008.09.03

ufc76_9_jardine_vs_liddell_015ランディ・クートゥアーのカムバックというビッグニュースがあったUFCは、先行き不透明なMMAプロモーションが多い中でも、その存在感は増すばかり。そんなUFCは、今週末9月6日(土・現地時間)に初進出となるジョージア州アトランタ、フィリップスアリーナで『UFC88 BREAKTHROUGH』を行う。

【写真】昨年9月に敗北を喫したジャーディンと同門のラシャド・エバンスと対戦することとなったチャック・リデル (C)ZUFFA

同大会のメインに登場するチャック・リデルは昨年5月にUFC世界ライトヘビー級王座を失い、9月にはキース・ジャーディン戦でまさかの敗北、年末のヴァンダレイ・シウバ戦で復帰を遂げたファイターだ。


日本での知名度はそれほど高くないが、完全なカウンター・ファイターながら、負けないファイトを、KO勝ちのできるスタイルへと昇華。UFCだからこそ、ここまでの人気を得ることができた実力派は、ラシャド・エヴァンスとメインイベントで戦う。

ufc78_9_evans_vs_bisping_020無名の実力者や下からの突き上げマッチをしっかりと受け止める姿勢こそ、リデルをUFCの顔とした由縁だろう。それでも、10歳若いエヴァンスは、キャリア17戦16勝1敗。オハイオ州立大学時代にレスラーとして活躍し、TUFシーズン2で優勝。サム・ホガー&ステファン・ボーナーというTUFシーズン1の人気者を撃破し、ティト・オーティズとドロー、TUF3優勝のマイケル・ビスピンを1-2のきわどい判定で下し、ビスピンにミドル級転向を決意させた。

リデルに輪をかけたカウンタータイプで、レスリングではリデルを上回ることが予想される。GSPやリデルを一足先に破っているキース・ジャーディンらと、名伯楽グレッグ・ジャクソンの下でトレーニングを行い、技のレパートリーも広がりつつあるエヴァンスが、その若さを武器に、ミスターUFCを破る可能性も十分にある一戦といえるだろう。

また、セミファイナルではライトヘビー級へと階級を戻した前UFC世界ミドル級王者リッチ・フランクリンが、聴覚障害というハンディキャップを感じさせない力を見せ、TUF3で人気者になったマット・ハミルと対戦する。

年末にも復帰が噂されるマウリシオ・ショーグン、収監問題がどのような影響を与えているのか不安なランペイジ・ジャクソン、UFCに慣れてきたヴァンダレイ・シウバやライトヘビー級でも通用することを証明した同世界ミドル級王者アンデウソン・シウバと、実力者が揃うライトヘビー級戦線。王者フォレスト・グリフィンも含め、絶対的な安定度を誇るファイターは見当たらず、一戦ごとに戦局が変化する混迷模様から脱するインパクトを残す勝利を挙げることはできるのか?

■『UFC88 BREAKTHROUGH』
9月6日(土・現地時間)ジョージア州アトランタ
フィリップスアリーナ

<ライトヘビー級/5分3R>
チャック・リデル(米国)
ラシャド・エヴァンス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
リッチ・フランクリン(米国)
マット・ハミル(米国)

<ウェルター級/5分3R>
カロ・パリシャン(アルメニア)
吉田善行(日本)

<ミドル級/5分3R>
ダン・ヘンダーソン(米国)
ホウジマール・トキーニョ(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
マーティン・カンプマン(デンマーク)
ネイト・マーコート(米国)

<ライト級/5分3R>
カート・ペルグリーノ(米国)
チアゴ・タバレス(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
ミハエル・パット(米国)
ティム・ボーテッシュ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
マット・ブラウン(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジェイソン・ランバート(米国)
ジェイソン・マクドナルド(カナダ)

<ウェルター級/5分3R>
ホアン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)
長南 亮(日本)

PR
PR

関連記事

Movie