この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ダン・ヘン&チャンプ、初防衛と過去の因縁

Henderson vs Feijao4日(金・現地時間)、オハイオ州コロンバスのザ・グレーター・コロンバス・コンベンションセンターで、5日に開催されるStrikeforce「Feijao vs Henderson」の公開計量が行われた。

【写真】角度も関係しているだろうが、腰回りが非常に細い王者フェイジャォンと、既に試合時の体格を思わせるダン・ヘンダーソン。ケージの中に入ったとき、フェイジャォンはどれだけリカバリーしているのだろうか (C)ESTHER LIN/STRIKEFORCE

ダン・ヘンダーソンにとって、ネイションワイド・アリーナは縁起の良い会場ではない。2年前に同じアーノルド・シュワルツネッカー関連のスポーツ博覧会内で開催されたUFC82でアンデウソン・シウバの持つUFC世界ミドル級王座に挑戦し敗北。そのアンデウソンのチームメイトのハファエル・フェイジャォンの持つストライクフォース世界ライトヘビー級王座に、同地でチャレンジするのも何かの因縁か。

大会前最後の記者会見では、「フェイジャォンとアンデウソン・シウバは違う。彼らがチームメイトだということは問題じゃない。それに、アンデウソンと戦った時より、自分もずっと成長している」とヘンダーソンはコメントを残している。


一方のフェイジャォンは、2008年以降、ヘナート・ババル、ゲガール・ムサシ、そしてキング・モーと歴代の同級王者が一度も防衛を果たしていない不吉なジンクスに対し、「そんなことは気にしていない。気にしてきたのは、如何にトレーニングし、この試合のために準備を整えるかということだった」と切り捨てている。

いずれにせよ、ケージの中で争われるのは現在の技量。一発KOの力を持つとはいえ、ライトヘビー級のダン・ヘンが、フェイジャォンのスピードについていけるか。その辺りが最大の焦点となるだろう。

■Strikeforce 「Feijao vs Henderson」主な計量結果は以下の通り

<ストライクフォース世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]ハファエル・フェイジャォン:204.5ポンド(92.7キロ)
[挑戦者]ダン・ヘンダーソン:204.5ポンド(92.7キロ)

<ストライクフォース女子世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]マルース・クーネン:135ポンド(61.1キロ)
[挑戦者]リズ・カモーシェ:134ポンド(60.7キロ)

<ミドル級/5分3R>
ティム・ケネディ:186ポンド(84.3キロ)
メルビン・マヌーフ:185ポンド(83.9キロ)

<ライト級/5分3R>
ビリー・エヴァンゲリスタ:155.5ポンド(70.5キロ)
ホルヘ・マスヴィダル:155ポンド(70.3キロ)

<ヒョードル MMAセミナーDVD>
2007年スロバキアで行われた、皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルのMMAセミナーを完全収録!!
打撃、テイクダウン、関節技まで――、人類最強の男が教えるテクニックの数々とは?
詳細はコチラ
PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie