この星の格闘技を追いかける

水垣がUFCデビュー戦で貴重な白星、ディエゴは逆転勝利

2011.03.04

3月3日(木・現地時間)、ケンタッキー州ルイビルのKFCヤム!・センターでは、UFC LIVE「Sanchez vs Kampmann」が開催された。

【写真】3箇所をカットし、流血に見舞われたディエゴ。それでも、最後まで前に出続けて逆転の判定勝ちを手にした(提供)格闘技ESPN

ディエゴ・サンチェスとマーティン・カンプマンによるウェルター級戦をメインイベントに、マーク・ムニョス×CB・ダラウェーのミドル級サバイバルマッチ、元WECバンタム級王者ブライアン・ボーウェルズの参戦。さらには、日本の水垣偉弥がルーベン・デュランを相手にUFCデビュー戦を迎えるなど、同大会は見所に溢れるマッチメイクが並んだ。

TUF1ウィナーとして人気を博すも、ライト級転向後に王座挑戦失敗、ウェルター級にカムバックをした初戦もジョン・ハザウェイに不覚を取ったディエゴと、ポール・デイリー、ジェイク・シールズといった実力者達のUFCデビューの相手を務めるなど、門番の役割を果たすカンプマン。


試合は、ディエゴのテイクダウン狙いを潰し、ヒザ、パンチを叩き込んだカンプマンのペースでスタートすると、2Rには目まぐるしい攻防やスタンドでの打ち合いを繰り広げた両者。3Rには鮮血を見せながらも、ディエゴがテイクダウンに成功すると、休むことなく前に出続け、戦局を盛り返して勝負は判定へ。

その結果、大きなカットを3箇所作りながらも、ディエゴがジャッジ3者とも29-28をつけるスコアで逆転判定勝ち。一方のカンプマンは「僕は勝ったと思った。ディエゴの顔を見なよ。僕の方がクリーンショットを入れていた」と語り、悔しさを滲ませた。

また、セミファイナルではムニョスがダラウェーの左に右のカウンターを合わせると、ショートの右アッパーから左フック。ダラウェーからダウンを奪うと、パウンドを叩き込み快勝。ボーウェルズはダマッシオ・ペイジからダウンを奪い、最後はギロチンで仕留めた。さらに、デュランとフルラウンドを戦い抜いた水垣は、スプリットの判定ながら、UFCデビュー戦で貴重な白星を得ることに成功した。

UFC LIVE Sanchez vs Kampmann 全試合結果!!

<MMA情報モバイルサイト=格闘技ESPN>
世界の格闘技情報を網羅、配信するモバイルサイト「格闘技ESPN」。米MMAサイト「SHERDOG.com」の日本語ニュースやコラム、ランキング、各種待受画像など充実のラインナップ!
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie