この星の格闘技を追いかける

【UFC LIVE】水垣、余裕の笑みを浮かべ計量終了

2011.03.03

3日(木・現地時間)、ケンタッキー州ルイビルのKFCヤム!・センターで開催されるUFC on VERUSU「Sanchez vs Kampmann」の公開計量が、2日(水・同)に同地で行われた。

WEC出場以来、これが通算6試合目の米国での試合となる水垣偉弥。UFCデビュー戦は第4試合でルーベン・デュランと対戦だ。先にスケールに乗ったデュランは、137ポンドだったため、その場でショーツを脱いで再計量に挑み、ここは1ポンドオーバーと規定内で済ませる。

続いてステージに上がった水垣も136ポンドでパスすると、ニッコリと笑顔を浮かべてデュランと握手を交わす。この辺りは、十分に場馴れしており、余裕の感じられる水垣だ。デュランを単体で見ると、筋肉含有量にフィジカル面で不安を感じるも、その隣に水垣が並ぶと、上背で勝っていることが分かる。長身でリーチに優れば、現代MMAでは優位に働くことは間違いない。


メインで戦うマーティン・カンプマンとディエゴ・サンチェスも問題なく計量をパスした。デンマーク出身、北欧格闘家系伝統のスキンヘッドのカンプマンは見慣れた風貌そのままだが、ディエゴも今回はスキンヘッドで登場。初めての丸刈りか、頭皮が青光りしており、一休さんばりの青光りが、MMAバカ=ディエゴらしさをさらに際立たせていた。

■UFC LIVE計量結果は下記の通り

<ウェルター級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス:171ポンド(77.5キロ)
マーティン・カンプマン:171ポンド(77.5キロ)

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー:185ポンド(83.9キロ)
マーク・ムニョス:186ポンド(84.3キロ)

<ミドル級/5分3R>
アレッシオ・サカラ:186ポンド(84.3キロ)
クリス・ウィードマン:186ポンド(84.3キロ)

<バンタム級/5分3R>
ブライアン・ボーウルズ:135ポンド(61.2キロ)
ダマッシオ・ペイジ:136ポンド(61.6キロ)

<ライト級/5分3R>
ジョー・スティーブンソン:155ポンド(70.3キロ)
ダニー・カスティーロ:155ポンド(70.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
スティーブ・キャントウェル:206ポンド(93.3キロ)
シリル・ディアバテ:205ポンド(92.9キロ)

<ライト級/5分3R>
チアゴ・タヴァレス:156ポンド(70.7キロ)
シェーン・ローラー:156ポンド(70.7キロ)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥:136ポンド(61.6キロ)
ルーベン・デュラン:136ポンド(61.6キロ)

<ミドル級/5分3R>
ロブ・キモンス:185ポンド(83.9キロ)
ヤン・ドンイ:186ポンド(84.3キロ)

<ミドル級/5分3R>
ホウジマール・トキーニョ:186ポンド(84.3キロ)
デイブ・ブランチ:186ポンド(84.3キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
イゴール・ボクライエク:204ポンド(92.5キロ)
トッド・ブラウン:205ポンド(92.9キロ)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie