この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ワールドGP、皇帝ヒョードルらのコメント

Strikeforce
【写真】NY一のスポーツスポット、チェルシー・ピアーズに集結したヘビー級ワールドGP参加選手たち (C) ESTHER LIN/STRIKEFORCE

9日(水・現地時間)、12日(土・同)にニュージャージー州イーストラザフォードのアイゾット・センターで開催されるStrikeforce「Fedor vs Silva」に先立ち、ニューヨークのチェルシー・ピアーズ内ザ・ライトハウスで、STRIKEFORCE World Grand Prix-Heavyweight Tournament出場選手が勢揃いし、記者会見が行われた。

ここでは12日の準々決勝に出場する4選手のコメントを紹介したい。(要約)

エメリヤーエンコ・ヒョードル
「再び戦うことができて、とても嬉しい。良い試合になることを期待している。敗戦によって変わったことは何もない。とてもハードに練習してきた」

アントニオ・ペイザォン・シウバ
「とてもとても興奮していて、同時に嬉しくてしょうがない。ずっと、この試合を求めてきた。ヒョードルはグレート・ファイターで、偉大な人物だ。ただし、一番になるにはベストにならなければならない。ヒョードルは絶対的にベストのなかのベストだ」


アンドレイ・オルロフスキー
「ここに過去3試合で、俺をブッ飛ばした奴らがいることがモチベーションになっている。絶対にやってやる。このトーナメントは素晴らしい機会になる」

セルゲイ・ハリトーノフ
「あまり良いタイミングでオルロフスキーと戦うことになったとは思っていない。これまでの彼の対戦相手は、世界のベストファイターだった。きっと、この状況は私にはよくないことだろう。彼は勝利に飢えているからね」

■Strikeforce対戦予定カード

<ワールド・ヘビー級GP準々決勝/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
アントニオ・ペイザォン・シウバ(ブラジル)

<ワールド・ヘビー級GP準々決勝/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
シェーン・デルロサリオ(米国)
レイバー・ジョンソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
レイ・セフォー(ニュージーランド)
ヴァレンタイン・オーフレイム(オランダ)

<ヘビー級/5分3R>
チャド・グリッグス(米国)
ジャンピエロ・ヴァレンテ(米国)

<ヒョードル MMAセミナーDVD>
2007年スロバキアで行われた、皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルのMMAセミナーを完全収録!!
打撃、テイクダウン、関節技まで――、人類最強の男が教えるテクニックの数々とは?
詳細はコチラ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie