この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】二大王者が貫録の防衛、ホジャーも快勝

2011年1月29日(土・現地時間)、カリフォルニア州サンノゼのhpパビリオンでは、ストライクフォースのSHOWTIMEイベント「DIAZ vs CYBORG」が行われた。

当初は、ニック・ディアズ×ジェイソン・メイヘム・ミラー戦実現の機運が高まっていた同大会。蓋を開けてみれば、王者ニック・ディアズには、マリウス・ザロムスキーからTKO勝ちを収めたエヴァンゲリスタ・サイボーグが挑戦するウェルター級タイトルマッチ、そして、ストライクフォース3連勝中のホナウド・ジャカレ・ソウザにロビー・ローラーが挑むミドル級タイトルマッチというニ大王座戦をラインナップした。

そのメインイベント、序盤からロー&パンチで前に出るサイボーグに対し、果敢に打ち合いを挑んだニックは、ボディを効かせると右のパンチを中心に劣勢をばん回。2Rに入ると、ハイペースで戦う両者に疲れが見えるも、パンチ、ヒザを突き上げるサイボーグを引き込んだニックがガードから腕十字へ。ディフェンスを試みるサイボーグの足をすくって一回転させると、その腕を伸ばしてタップを奪った。


セミファイナルで行われたジャカレ×ローラーは、序盤こそローラーの打撃に手を焼いたジャカレだったが、テイクダウンからタイトなグラウンドゲームに持ち込むと、ローラーに立ちあがる隙を与えず。3Rに足払いからテイクダウンに成功すると、ローラーが亀の態勢になったところでバックに回り、リアネイキドチョークを極めた。

その他にも、8カ月ぶりのMMA戦となる“21世紀最強のグレイシー”ことホジャー・グレイシーがトレバー・プラングレーと対戦するライトヘビー級戦、元NFLプレイヤー=ハーシャル・ウォーカーは、スコット・カーソンと対戦。ウォーカーは、剛腕を振りまわしてカーソンを一蹴、約1年振りのMMA戦で快勝すると、ホジャーはプラングレーにスタンドでのヒザ蹴りを叩き込むと、ケージ際でテイクダウン、ケージを蹴って逃げようとしたプラングレーから巧みにバックに回り込み、四の字フックからチアネイキドチョークを極めてみせた。

Strikeforce Diaz vs Cyborg 主要試合結果へ

■関連リンク
王者ニックにサイボーグは鋭い視線
ニック・ディアズ×サイボーグ、舌戦はなし
皇帝ヒョードル「World GPはPRIDE GPと遜色ない」
秒殺ショーでダン・ヘン、デイリーが完勝

<ヒョードル MMAセミナーDVD>
2007年スロバキアで行われた、皇帝エメリヤーエンコ・ヒョードルのMMAセミナーを完全収録!!
打撃、テイクダウン、関節技まで――、人類最強の男が教えるテクニックの数々とは?
詳細はコチラ

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie