この星の格闘技を追いかける

【UFC87】 GSP×フィッチ、レスナー×ヒーリング待ったなし!

ニヤリと笑ったフィッチに、顔色一つ変えないGSP。明日の試合後、心から笑うのは一体どちらか?[photo by Zuffa]8月9日(土・現地時間)ミネソタ州ミネアポリスのターゲットセンターで行われる『UFC87 SEEK and DESTROY』。大会前日となる8日(金・同)には、同所にて公開計量が行われた。

メインイベントのUFC世界ウェルター級選手権試合ジョルジュ・サンピエール×ジョン・フィッチ戦に、ミネソタ出身ブロック・レスナー×ヒース・ヒーリングのヘビー級戦、同じく地元出身のロジャー・フエルタ×ケニー・フロリアンのライト級次期挑戦者決定戦と言っても過言ではない大一番と、注目カードが並んだ当大会。会場に詰め掛けたファンが興奮状態で見守る中、全選手が一回で計量をパスした。


メインイベントに出場する両者は、大きなアピールをすることなく静かに計量を終えるも、向かい合ってファイティングポーズを作ると、フィッチがニヤリ。もちろん、GSPが顔色一つ変えることはない。また、一際歓声が集まったブロック・レスナーは、両手でピースサインを作りながら入場、計量後は客席を見回すと両手を広げておどけてみせた。

ちなみに、昨年、ライト級からウェルター級へと転向を果たしたルーク・クモは、Tシャツ&サングラスを着用したまま計量台に上がり、3ポンドアンダーで計量をパス。着ていたTシャツを客席へと投げ入れ、タンデム・マックローリーと向かい合うや、独特の構えで対峙すると、これを見たダナ・ホワイトが爆笑する場面もあった。

■計量結果は下記の通り

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
ジョルジュ・サンピエール:170ポンド(77.1キロ)
ジョン・フィッチ:170ポンド(77.1キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ブロック・レスナー:265ポンド(120.2キロ)
ヒース・ヒーリング:250ポンド(113.3キロ)

<ライト級/5分3R>
ケニー・フロリアン:155ポンド(70.3キロ)
ロジャー・フエルタ:155ポンド(70.3キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジェイソン・マクドナルド:185ポンド(83.9キロ)
デミアン・マイア:185ポンド(83.9キロ)

<ライト級/5分3R>
マニー・ガンバーリャン:155ポンド(70.3キロ)
ロブ・エマーソン:155ポンド(70.3キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ルーク・クモ(米国):167ポンド(75.7キロ)
タンデム・マックローリー:170ポンド(77.1キロ)

<ヘビー級/5分3R>
チーク・コンゴ:235ポンド(106.5キロ)
ダン・エヴァンセン:244ポンド(110.6キロ)

<ライトヘビー/5分3R>
アンドレ・グスマォン:205ポンド(92.9キロ)
ジョン・ジョーンズ:205ポンド(92.9キロ)

<ウェルター級/5分3R>
クリス・ウィルソン:170ポンド(77.1キロ)
スティーブ・ブルーノ:170ポンド(77.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・トーマス:170ポンド(77.1キロ)
ベン・サンダース:170ポンド(77.1キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie