この星の格闘技を追いかける

【UFN23】ヘイグを下したミトリオン、ベリーに対戦要求も

2011.01.23

■第10試合 ヘビー級/5分3R
マット・ミトリオン(米国)
Def.1R2分59秒/TKO
ティム・ヘイグ(カナダ)

まずは左ジャブ、そして左ローを見せたミトリオン。得意のローキックで、ヘイグの動きを止めに掛かる。ヘイグも左ローを見せると、続くミトリオンのローを掴んでテイクダウンを狙う。ケージに押し込まれたミトリオンは、がぶりからヒザをボディに見舞って距離を取る。

左ローを続けるヘイグだったが、ミトリオンの左を真正面から受け、尻もちをつく。立ち上がったヘイグは組みついていくが、ステップバックでかわしたミトリオンが左ハイから右ローを放つ。直後にミトリオンが左拳を突き出すと、ヘイグが後方に倒れ込む。そのまま亀の態勢になったヘイグにパウンドを落したミトリオンが、呆気なくTKO勝ち。試合後には、「パット・ベリー、カモ~ン・マ~ン」と対戦を要求し、オクタゴンを後にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie