この星の格闘技を追いかける

【UFN23】ヤヒーラ判定勝ち、グラップリングで試合を支配

2011.01.23

■第4試合 フェザー級/5分3R
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
Def.3R終了/判定
マイク・ブラウン(米国)

左へ右へとケージ際を移動するヤヒーラに対し、左ジャブ、右ストレートでプレッシャーをかけるブラウン。低い低い姿勢からシングルを仕掛けたヤヒーラを、簡単に切ることができるかと思われたブラウンだが、そのまま腰の位置でクラッチを許し、首を切ろうと試みるも、尻もちをつかされてしまう。

そのままケージに押し込まれ、ギロチンを仕掛けつつ、背中をついてしまったブラウン。再びケージを背に立ち上がったところで、逆にギロチンを仕掛けられる。ブラウンは首を引抜くもののバックに回りこまれ、ヤヒーラが背中に張り付いたまま1Rを戦い終える。


2R開始早々、距離を詰めてテイクダウンを狙ったブラウンに対し、ここでもヤヒーラはギロチンを見せる。手首を掴んで、喉へのプレッシャーを逃れたブラウンは、そのままヤヒーラをスラムのように叩きつける。すると、ヤヒーラは三度ギロチンで迎え撃つ。ブラウンはここでも冷静に対処しトップを取るが、ヤヒーラの潜りスイープでスタンドへ戻ることを余儀なくされた。

ブラウンが距離を詰めると、常にギロチンを仕掛けるヤヒーラ。ブラウンは自分のリズムで戦うことができず、自らケージ際から離れ打撃戦の距離へ。さがりながら、シングルを狙うヤヒーラに、ブラウンはマット・ヒューズ流のがぶりからのチョークを見せるが、明確なポイントを奪えないまま2Rを戦い終えた。

最終回、いきなりダブルレッグを見せたヤヒーラがブラウンをケージに押し込んでいく。首を切れず強引なクロスフィックで耐えようとしたブラウンだったが、頭を入れかえたヤヒーラがテイクダウンに成功する。ハーフガードからワキを差し、アームロックの機会を伺うヤヒーラに対し、背中を見せて立ち上がろうとしたブラウン。当然のようにバックを奪われ、ここでついに両足のフックまで許すことに。

バックグラブの状態となったヤヒーラは、四の字フックから頭部にパンチを集中させる。これを嫌がり、自ら腹這いになったブラウン。必死に上体を起こそうとしたブラウンに対し、ヤヒーラはマウントになりパンチを落す。ここでレフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドへ戻るがブラウンのテイクダウン狙いを潰し、ヤヒーラがトップを奪いタイムアップに。圧倒的なグラップリングで試合を支配したヤヒーラが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie