この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】皇帝「World GPはPRIDE GPと遜色ない」

strikeforce bracket
【写真】ヘビー級ワールドGPのブランケット。1回戦で姿を消すファイターが出てくるのが、残念に感じるほど豪華なトーナメントだ (C) Strikeforce

2月12日(土・現地時間)、ニュージャージー州イーストラザフォードのアイゾット・センターで開催されるStrikeforce「Fedor vs Silva」。そのテレカンファレンスコールが、13日(木・同)に行われ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、アントニオ・ペイザォン・シウバの2選手、ストライクフォースからスコット・コーカー、M-1グローバルからワジム・フィンケルシュタイン、SHOWTIMEからケン・ハーシュマンが出席した。

ここでは皇帝ヒョードルの質疑応答の模様をお伝えしたい(要約)

エメリヤーエンコ・ヒョードル
「敗北を喫しても、何も以前と変わりない。以前と同じようにトレーニングを積んでいる。前回の試合で犯したミスが、再び起こらないよう練習しているんだ。だから、私自身は何ら変わっていないし、そう信じている。


今回のトーナメントに参加できて嬉しい。この8名に選ばれたことを光栄に思うし、祖国を代表して戦うことを誇りに思う。何が起こるか、それは神のみぞ知るところだが、良い動きを披露するためにハードトレーニングを積んでいる。

ファブリシオ・ベルドゥムと再び戦うためにケージに入る準備は、いつでもできている。そうなることを願っている。アントニオに関しては、とてもタフで危険な相手だと理解しているよ。まだ戦ったことがなかったので、今回のような機会を得ることが出来て嬉しい。

何度も控室で一緒になったことがあるし、彼はいつだって思いやりのある良い人間だ。私の方から、戦いたい相手というのは特にいないが、私と戦いたいと思っている選手とはいつだって戦うよ」

――今回のトーナメントは、PRIDE時代のトーナメントと比較してどう思いますか。

「今回のトーナメントは、世界中から最も注目を浴びる強いファイターが集結した。PRIDE時代に戦ったトーナメントと、なんら遜色がない。

このトーナメントを戦う上で、PRIDEで過ごした日々が、アドバンテージを与えてくれたり、パフォーマンスに影響するとは考えていない。ただし、経験という意味で、何らかの恩恵を受けることは確かだろう。

いずれにせよ、この試合のためにハードトレーニングを積んでいる。あとはなるようになるだろう。トレーニングはロシアで積むことになる。家族の近くにいるほうが、しっくりくる。別にどこか別の場所にいって、誰かシェーン・カーウィンのような優秀なファイターとトレーニングすることも厭わないよ。でも、やっぱりロシアにいたいね」

――なぜ、人里離れた山奥で練習をするのですか。

「凄く寒くて、高地だからだよ。厳しい環境に身を置くこと、そこにいるだけでより強くなり、得るものがある。それと誰にも邪魔をされないからだよ、雑音が届かない。

寝て、食べて、トレーニングするだけで、何も障害がなく練習に集中できる。だから、最高の状態で試合に臨むことが出来ると信じている」

■Strikeforce主な対戦予定カード

<ワールド・ヘビー級GP準々決勝/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
アントニオ・ペイザォン・シウバ(ブラジル)

<ワールド・ヘビー級GP準々決勝/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
シェーン・デルロサリオ(米国)
レイバー・ジョンソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
レイ・セフォー(ニュージーランド)
ヴァレンタイン・オーフレイム(オランダ)

<ヘビー級/5分3R>
チャド・グリッグス(米国)
ジャンピエロ・ヴァレンテ(米国)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie