この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ヘビー級GPは、補欠戦もワールド・クラス

Strikeforce
【写真】チャレンジャーズからいよいよSHOWTIMEイベントへと、ストーリーが繋がるようになってきたストライクフォース。ヘビー級ワールドGPは大きな起爆剤になりそうだ (C)Esther Lin/STRIKEFORCE、GONGKAKUTOGI

ストライクフォースとM-1グローバルが共催で、2月12日(土・現地時間)にニュージャージー州イーストラザフォードのアイゾッド・センターで開幕する「Strikeforce World Grand Prix-Heavyweight Tournament」。イベントタイトルが「Fedor vs Silva」となったニュージャージー大会のトーナメントリザーブ・ファイトというべきヘビー級3試合のラインナップが、11日(火・同)に正式発表された。

イベント名にあるようにワールド・ヘビー級GP準々決勝は、エメリヤーエンコ・ヒョードル×アントニオ・ペイザォン・シウバ、アンドレイ・オルロフスキー×セルゲイ・ハリトーノフ戦が組まれている同大会。SHOWTIMEで中継されるメインカードは、その全ヘビー級戦となることになった。

プレスリリースには明言されていないが、トーナメント予備戦といえる追加カードは、シェーン・デルロサリオ×レイバー・ジョンソン、チャド・グリッグス×ジャンピエロ・ヴィランテ、ヴァレンタイン・オーフレイム×レイ・セフォーの3試合だ。


Del Rosario【写真】ヘビー級として大きくないが、見事なハイキックも得意とする(C)ESTHER LIN/STRIKEFORCE

MMAデビュー以来10連勝中のデルロサリオ。ジョンソンも15勝3敗のキャリアで、勝利のうち13試合がKO勝ちという注目に値するリザルトを残している。何より両者とも、チャレンジャーズで2連勝中(デルロサリオ)、3連勝中(ジョンソン)とストライクフォースで実績を伸ばしてきた。

■シェーン・デルロサリオ、CHALLENGETRSでの足跡
2010年7月23日、vsロロヘア・マヘ
2009年11月6日、vsブランドン・キャッシュ

デルロサリオはブランドン・キャッシュ戦でよもやのKO負けの危機をオモプラッタで逆転一本勝ちし、昨年7月にもロロヘア・マヘをWBCムエタイ世界王者らしくヒザ蹴りからアッパーの連打で下している。「チャレンジャーズで勝利し、ビッグショー出場のチャンスを掴んだ。上昇志向のある二人の対戦が楽しみでならない」とチーム・オーヤマ所属の寝技もできる打撃系ファイターのデルロサリオは語っている。

Johnson【写真】相打ち上等、殴られても殴り勝つ。レイバー・ジョンソンも、飛躍の時を迎えようとしている(C)ESTHER LIN/STRIKEFORCE

一方、「銃で撃たれたことでなく、ファイターとして知名度を上げたい」というジョンソンは、SHOMMA(※現在のチャレンジャーズ)でストライクフォース・デビューを飾った2カ月後、09年の独立記念日に家族BBQパーティーにこうじていたところ、銃で襲撃を受け3発被弾した。

■レイバー・ジョンソン CHALLENGERSでの足跡
2010年10月22日、vsヴァージル・ズウィッカー
2010年3月26日、vsロロヘア・マヘ

長いリハビリ期間を経て、昨年3月に復帰後も2連勝したジョンソンは、全試合がパンチによるTKO勝ちと、ストライクフォースの名に相応しい活躍を育成大会=チャレンジャーズでしてきた。

一発の重さではジョンソン、総合力でデルロサリオ。ただし、両者パンチを受けるシーンもあり、スタンドでは予断の許さない打撃戦が見られるだろう。

Grrigs【写真】ストライクフォースがブロック・レスナー級の期待を込めていたボビー・ラシュリーをあっさりと攻略したグリッグス。勝利でチャンスを広げた(C)GONGKAKUTOGI

■グリッグス、ラシュリーの化けの皮を剥ぐ
2010年8月21日、vsボビー・ラシュリー

グリッグスはチャレンジャーズ出場経験こそないが、8月のSHOWTIMEイベントでボビー・ラシュリーの対戦相手に抜擢され、ここでTKO勝ちとアップセットを見せ、リザーブファイト出場の機会を得ている。

そのグリッグスと対戦するヴァランテは、7勝1敗の戦績を持ち、ハイスクールからカレッジに掛けてレスリングとフットボールで活躍。彼自身、NFLでのプレイを夢見ていたが、実際にNYジェッツとフィラデルフィア・イーグルスのトライアウトを受けたが、その夢は実現に至らなかった。

「レスリングコーチの一人が、MMAを戦ったことがあり、数秒でKO勝ちをした。それを見て俺もやりたい」と感じたMMAでの成功を目指すこととなった。東部のMMA登竜門イベント=リングオブコンバット(バンタム級王者ニック・ペース、フェザー級王者エジソン・バルボーサは、ともにUFCに出場中)のヘビー級王者となったヴィランテが、待望のメジャーデビューを果たす。

この4選手のMMA合計戦績は、41勝5敗となっており、まさにワールド・ヘビー級GPリザーブファイトに相応しいマッチメイクだ。この4者の合計キャリアを上回る63戦の経験の持ち主オーフレイム兄(※28勝25敗)は、これがMMA3戦目となるレイ・セフォーと対戦。スタミナと忍耐力に難のあるオーフレイム兄だけに、打撃で上手をいくMMAではグリーン・ボーイのセフォーを相手に苦戦することは十分に感じられる。

オーフレイム兄×セフォーはともかくとして、デルロサリオ×ジョンソン、グリッグス×ヴィランテ戦はトーナメント・フォーマットを用いることで、ようやく点でしかなかったストライクフォースのストーリーラインに繋がりが出てきた好カードといえるだろう。

■Strikeforce主な対戦予定カード

<ワールド・ヘビー級GP準々決勝/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
アントニオ・ペイザォン・シウバ(ブラジル)

<ワールド・ヘビー級GP準々決勝/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー(ベラルーシ)
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
シェーン・デルロサリオ(米国)
レイバー・ジョンソン(米国)

<ヘビー級/5分3R>
レイ・セフォー(ニュージーランド)
ヴァレンタイン・オーフレイム(オランダ)

<ヘビー級/5分3R>
チャド・グリッグス(米国)
ジャンピエロ・ヴァレンテ(米国)

<UFC、Strikeforce等々、注目のDVDズラリ>
UFC、WEC、ストライクフォースにPRIDE、柔術、修斗、グレイシー&テクニック系教則まで、他にはない充実のMMA DVDをチェック!!
2,450円~のロープライスで絶賛販売中
PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie