この星の格闘技を追いかける

【Challengers】重量級レスラーのイメージ払拭、コーミアー

Cormier<ヘビー級/5分3R>
ダニエル・コーミアー(米国)
Def.3R終了/判定3-0(30-27、30-27、30-27)
デヴィン・コール(米国)

【写真】通好みの試合展開だが、見どころがタップリだったダニエル・コーミアー(C)ESTHER LIN/STRIKEFORCE

左ジャブから組みつこうとするコーミアー、バックステップでかわすコールだが、すぐにケージに押し込まれてしまう。態勢を入れかえたコールに、アッパーを見舞ったコーミアーは、勢いのある左フックから前蹴りでコールのバランスを崩す。直後に組みついて、反り投げでテイクダウン+トップを奪ったコーミアー。立ち上がったコールからバックを奪う。

鋭いアッパーを見せたコーミアーは、多彩な崩しを見せるが、なかなか2度目のテイクダウンを奪うことができない。それでもケージにコールを押し込んで、ワキを一本差した状態で勢いのあるパンチを打ち込む。

距離を取った直後にコールのパンチを受けたコーミアーだが、直後に右をヒットさせ、さらにハイキックを見せる。左フック、右アッパー、組みついてテイクダウン。コーミアーは腹回りとは対照的なスピーディーな動きを見せ、最後はトップをキープし初回を戦い終えた。


2R、コーミアーは右ローを放ち、左右のストレートで距離を詰める。距離を詰めてきたコールに小手投げを仕掛け、がぶりからトップをキープすると、潜りスイープを潰してパウンドを連打する。身動きが取れないコールはマウントを許すも、ここはケージを蹴り上げてエスケープに成功する。

それでもコーミアーは卓越したグラウンドコントロールを見せ、首を殺してバックへ。ガードに戻したコールに巧みなトランジッションからパンチを落し、パスを奪ったコーミアー。強烈なボディへのパウンドを落すと、ノースサウスへ。コールのシングルレッグ狙いに対し、バックへ回り込み、そのままバックグラブからリアネイキドチョークに。

暴れるコールの頭部にパウンドを落し、トップに戻ったコーミアー。コールはキムラアームロックで反撃に出る。腕を取られても冷静な表情のコーミアーは、余裕をもって2R終了を待った。

最終回もロー、前蹴りと重量級レスラーのイメージを覆す動きを見せるコーミアー。ダーティボクシングからコールをケージに押し込む。ここれはレフェリーがブレイクを要求し、再開後にコーミアーは右アッパーからテイクダウンを狙う。

これをかわしたコールは、グラウンド状態のコーミアーにヒザを放っていく。コーミアーはシングルレッグを狙ったため、このヒザ蹴りを回避でき、そのまま組みついてスタンドへ戻る。巧みなダーティボクシングから組みついたコーミアーだが、レフェリーは再度ブレイクを伝える。

攻め疲れか動きがやや落ちたコーミアーは、両差しから強引に浴びせ倒しのようにテイクダウンを奪う。コールのギロチン狙いをモノともせず、ハーフから左右のパンチを落すコーミアーは、最後の10秒をノンストップでパウンドを落として試合終了に。

初めて判定にもつれ込んだ一戦となったが、コーミアーが問題なく判定勝ちを収め連勝を7に伸ばした。そでも「練習通りの動きができなかった」と納得できない口ぶりのコーミアー、その姿勢からも次の試合が非常に楽しみだ。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie