この星の格闘技を追いかける

【UFC125】タバレス、初のIonTVマッチで逆転勝利

2011.01.02

■第4試合 ミドル級/5分3R
ブラッド・タバレス(米国)
Def.1R4分20秒/TKO
フィル・バローニ(米国)

距離の測り合いが1分以上に及び、観客席からの野次が大きくなる中、飛び込んだバローニの左がタバレスの顔面を捉える。前方に崩れおちたタバレスが、テイクダウンでダメージを誤魔化そうとするが、バローニはがぶりから首を絞めあげる。

立ち上がったタバレスが組みつき、左足を突き上げ、そのままバローニをケージに押し込む。体重をあずけ、腹を突き出してテイクダウンを切ったバローニは、再び立ち上がってケージを背にバランスをキープする。ここでバローニのヒザ蹴りが急所に当たり、試合は一時中断となる。

再開後、左ジャブから右ローを放ったタバレス。ワンツーから直後の左ハイで、バローニの動きがケージ際で止まるとタバレスが追撃の右ストレート。さらに、首相撲からヒザ、左右のフックを放ち、バローニがヒザをつく。

そのバローニの頭を抑えて、右のパウンドを落し続けたタバレスが、逆転TKO勝ちを収めた。「一発当たったあとに、リラックスして追撃、パウンドを落すよう心掛けた」とタバレスは、UFC史上初のIonTVマッチを終えて語った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie