この星の格闘技を追いかける

【KCC】タイの国王誕生日に王宮前でムエタイの祭典

2010.12.05

Muay Thai
【写真】王宮前広場に20万人以上が集まり、ムエタイが行われる(C) WORLDKICKs

5日(日・現地時間)、タイ国プミポン・アドゥンヤード国王の誕生日を祝い、バンコクの王宮前広場特設リングで、ブラックホース・スポーツAGとWMCの共催で「KINGS CUP FINAL CHALLEGE」が開催される。

毎年、この日に行われるムエタイの国際大会も、既に10度目以上の大会開催となり、今ではESPNやFOX、CCTVを通して、全世界で1.4億人がこのイベントを視聴しているといわれている。

KINGS CUPは、8人のワンナイトトーナメントで行われ、世界中から名立たるキックボクサーが参加している。70キロで行われる同トーナメント、もちろん、絶対的にタイ勢の実力が飛びぬけているなかで、各国代表制を取っており、タイ代表と対戦せずに上位進出できる目もあり、より国際色豊かなトーナメントという印象を残している。

今年のキングスカップに出場するのは、タイからはヨードセンクライ・フェアテックス。09年にはムエロークに参戦し、その強さを日本のファンにも披露している。しかし、キャリア240戦を数える歴戦の強者も、10月にオーストラリアでジョン・ウェイン・パーに判定負けを喫するなど、取りこぼしも目立ってきている。


Cosmo【写真】昨年のトーナメントでタイ人2人を破り、優勝したコズモ・アレッシャンドリ。今年モヨードセンクライと並び、優勝候補の筆頭さだ(C)BEN POINTER/EFN

そんなストップ・ザ・ヨードセンクライの一番手は、イッツショータイム77キロ世界王者ながら、70キロに戦いの場を求めたオランダ在住のブラジリアン、コズモ・アレッシャンドリだ。昨年6月にジャマイカで行われたWBCムエタイのビッグイベントで、ヨードセンクライにKO負けを喫しているコズモだけに、捲土重来、ヨードセンクライにとって絶対に負けらない場所でのリベンジを狙う。

その他の参加選手は、ヨードセンクライと1回戦で対戦する南アフリカのヴィシール・コロッサ、UAE国籍のタゲスタン人ジャバル・アスケロフ、英国を代表するキックボクサー=ジョーダン・ワトソン、カナダのジェシー・マイルス、中国のジュー・ヤン、ドイツから参戦するのはIKBO世界王者アレクサンダー・フォーゲル。

トーナメント表を見る限り、前半戦の本命は昨年のキングスカップ覇者コズモ、対抗がアレクサンダー・フォーゲル、Bグループは本命ヨードセンクライ、対抗はアスケロフ。トーナメントはワンマッチと違う、素養が求められるだけに、予想しづらい部分が多いが果たして。計8選手が20万人を超える大観衆の前でどのようなファイトを繰り広げるか。ゴングは数時間後に迫っている。

KINGS CUP【写真】20万人以上の観客は、ローソクに日を灯し、国王の誕生日を祝うと、あとはラジャやルンピニーにいるようにムエタイに歓声を送る(C)WORLDKICKs

■KINGS CUPF FINAL CHALLENGE 2010 1回戦の組み合わせ

<70㎏/3分3R>
アレクサンダー・フォーゲル(ドイツ)
ジュー・ヤン(中国)

<70㎏/3分3R>
コズモ・アレッシャンドリ(ブラジル)
ジェシー・マイルス(カナダ)

<70㎏/3分3R>
ヨードセンクライ・フェアテックス(タイ)
ヴィシール・コロッサ(南アフリカ)

<70㎏/3分3R>
ジョーダン・ワトソン(英国)
ジャバル・アスケロフ(UAE)

PR
PR

関連記事

Movie