この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】サンプレーが完勝、連戦を勝利で乗り切る

Saint Preux■ライトヘビー級/5分3R
オヴァンス・サンプレー(ハイチ)
Def.3R終了/判定
ベンジー・ラダック(米国)

【写真】バックマウントを奪われ、あるいは亀の態勢からパンチを浴び続けたベンジー・ラダック。1R、オヴァンス・サンプレーのTKO勝ちが妥当か(C) ESThER LIN/STRIKEFORCE

序盤からミドル、ヒザ蹴りなど、打撃戦を仕掛けるサンプレーに対し、ラダックはカウンターを打ち込むも立ち上がりは劣勢に。ならばとテイクダウン狙いのラダック、ケージに押し込まれて耐えるサンプレーは距離を取ると、パンチ、ハイキックと勢いのある攻めを見せる。

打撃戦を嫌がったラダックのダブルレッグを潰したサンプレーは、そのままバックを制し、バックマウントから強烈なパウンドを連打で落とす。背中を伸ばしたまま、頭を抱えてパンチを受けるだけのラダックだが、レフェリーは試合を止めない。サンプレーは左腕をワキの下に通すが、ラダックに手首を掴まれ、何をするでもなく右手で鉄槌、パウンドを連打する。


パンチを続け、ラダックが手首を放すと、そのまま30秒以上もパウンドを連打。レフェリーがラウンド終了まで、そのまま続行させて初回が終わった。

2R、開始早々サンプレーの左がヒットし崩れ落ちたラダック。バックに回り込むサンプレーは、立ち上がって上を取り返そうとしたラダックの試みを受け止め、ポジションをキープする。

クォーターからパンチを落すサンプレー。このラウンドもラダックは防御に徹するのみ。パンチを続けるサンプレーは、一度はガードを取ったラダックから、再びバックを奪取する。サンプレーはシングルから、またもバックをキープした状態で2Rも戦い終えた。

最終回、肩で息をするようになったサンプレーに対し、ラダックは右を2発打ち込んで、テイクダウン狙いから、フックの連打で猛攻を仕掛ける。しかし、テイクダウン狙いをカットされると、サンプレーのパンチを受けて、自ら亀の態勢を取る。バックをキープし動きのないサンプレーに対し、レフェリーがブレイクを命じる。

試合がスタンドに戻ると、ラダックが左右のフックからダブルレッグを仕掛けるが、テイクダウンに至らない。ケージ際でフィジカルの強さを見せつけるサンプレーだが、ついにキャンバスに背中をつける。ただし、残り時間は10秒、トップを取ったラダックは有効な攻めを見せることができないまま、試合終了を迎えた。

ジャッジの裁定は、30-27、30-26、30-25と大差でサンプレーを支持。先月19日のチャレンジャーズでアントワン・ブリットから勝利を挙げたサンプレーが連戦を乗り越えた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday