この星の格闘技を追いかける

【ROTK】72.5キロのキシェンコ強し、エーベリを圧倒

<K-1ルール 72.5キロ/3分3R>
アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ)
Def.3R終了/判定
マルクス・エーベリ(スウェーデン)

一回り体の大きなキシェンコ、肩、胴回りの厚みが70キロで戦うときは、明らかに違う。エーベリが勢いよく繰り出す左ロー、前蹴りを苦にせず、右ローから左ストレートを返す。前に出て組みついてからヒザを狙ったエーベリを投げ捨てるキシェンコは、さらに右ロー、左フックを放つ。

ローから左フックでエーベリをぐらつかせたキシェンコは、続けて右ストレートからアッパーを見せる。直後にスピニングバックキックを狙ったエーベリだが、キシェンコの重い攻撃に劣勢は否めない。それでもキシェンコの左右のフックに、飛び込んでヒザ蹴りを突き上げるエーベリは、続く近距離からの左ヒザで、一瞬、キシェンコの動きを止める。

さらに左ミドルを放ったエーベリは、キシェンコにブロックされると、首を抱えて連続でヒザ蹴りを見せる。1R終了間際、右ローから右ストレートを繰り出したキシェンコ、このパンチでエーベリの腰が沈むが、直後にゴングが鳴って救われる。


2R、盛り返そうと開始早々、左ミドルを伸ばすエーベリに、キシェンコも左ストレートから右ミドルを見せる。エーベリは負けじと左ローを蹴り込み、さらにスピニングバックキックを放つが軸足にローを受け、バランスを崩してしまう。勢いづくキシェンコがボディにストレートとフックを連続で決め、エーベリの動きが一気に鈍化する。

ローからボディのコンビネーションが冴えるキシェンコに、果敢にスピニングバックフィストを見舞ったエーベリだが、これも届かない。反対に強烈な左ボディフックを見せたキシェンコに対し、2度、3度とバックブローを見せるが、遠心力で自らバランスを崩してしまう。

地元の声援をバックに、ローを連続で受けながらも、エーベリはジャンピングニー、左アッパーを放つと、残り15秒でバックブローがヒットし、キシェンコが前方に崩れ落ちる。すぐに立ち上がったキシェンコが、レフェリーに「エルボーだ」と抗議したところで2Rが終了、ダウンとはならなかった。

最終回、エーベリは組んでからのヒザ蹴りを狙ったが、キシェンコに救われ投げられる。ペースを掴めないエーベリは、疲れが目立つようになり、ガードが下がり、後ろに下がるシーンが目立ってきた。一気呵成に右ボディフックから、足払いを見せたキシェンコ。

倒され、立ち上がるたびに疲労の色が濃くなるエーベリは、パンチを受けるとマウスピースを吐き出し、試合が中断される。

再開後、キシェンコの左ボディから左フックが、顔面にクリーンヒットする。再び、自ら放ったバックブローで大きく姿勢を乱したエーベリは、右ストレートから左フックを打ち込まれ、ついにスタンディングダウンを取られた。

レフェリーがカウントをストップするが、エーベリがマウスピースを吐き出しており、セコンドが洗って試合再開。待っている間に、キシェンコは珍しく感情を露わにして「時間稼ぎだ」とばかりに、両腕を広げてアピールする。ダウンの間に残り時間をセコンドに確認するなど、キシェンコの狙いはあくまでもKOだ。

左フック、右を伸ばすキシェンコに、左ストレートを返したエーベリだが、攻撃に連動性がなく、飛びヒザやバックブローで起死回生の一発逆転を狙うしか手がない。再び左フックでダウンを奪ったキシェンコは、さらに左を重ね、右ストレートでエーベリをロープまで吹き飛ばす。ここではレフェリーがダウンの宣言こそしなかったが、ラウンドが進むほどに、エーベリを圧倒したキシェンコが、判定勝ちを手にした。

マイクス・ジム移籍効果か、それとも72.5キロという体重が、彼を再生させたのか。日本と韓国で見せたパフォーマンスとは、ギアが一段違う強さを北欧のエース=エーベリ相手に見せつけた一戦だった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie