この星の格闘技を追いかける

【UFC123】ファルカォン勝利もブーイングは鳴りやまず

2010.11.21

■第9試合 ミドル級/5分3R
マイケル・ファルカォン(ブラジル)
Def.3R終了/判定
ジェラルド・ハリス(米国)

アップライトのファルカォンに、低い姿勢のハリス。広いスタンスから、右ジャブを伸ばすハリスに対し、ファルカォンは距離を詰められない。互いの距離を守り、時折ハリスが左を伸ばすが、極端に動きの少ない試合に場内からブーイングが起こる。

ファルカォンは、ようやく右ミドルを見せるが、その後はやはり動きはない。と、一気に距離を詰めたファルカォンが首相撲からヒザを連打すると、ハリスがケージ際で腰砕けに。トップを奪ったファルカォンは、鉄槌を連打し、バックへ。ハリスが腕を一本差している状態で、バックを取りきれないまま首を絞めにかかる。


ハリスが持ち上げ、後方にスラムをすると、ファルカォンはこの腕が抜けてリアネイキドチョークの形に。しかし、ここでタイムアップ。首を放さなかったファルカォンに注意が与えられ、試合は2Rへ。

2R、右フックをヒットさせたファルカォンは、一気にペースを上げ、パウンドからバックへ、足を一本フックし、左手をハリスの喉元に。腕を入れ替え、執拗にチョークを仕掛けるファルカォンだが、ここでパウンドへ切り替える。すると、胸を合わせたハリスがファルカォンをケージに押し込で立ち上がる。

ワキを差し返したファルカォンが距離をとると、ハリスはシングル狙いへ。ファルカォンは落ち着いてケージまで下がるが、ハリスはハイクロウチからテイクダウンに成功する。すぐに立ち上がったファルカォンは、右ハイを見せ、ハリスのシングルを切り、鉄槌を落す。ハリスが組んだまま立ち上がったところで2Rが終了となった。

最終回、再び距離を取った両者にブーイングが浴びせられる。結局、ほとんど攻防のないまま、ブーイングの声ばかりが大きくなった試合が終了。当然、試合結果はファルカォンの勝利となったが、コールの際ですらブーイングが鳴りやむことはなかった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY