この星の格闘技を追いかける

【WEC52】ペイジが一本負け、急所蹴りに泣く

2010.11.12

■第7試合 バンタム級/5分3R
デメトリオス・ジョンソン(米国)
Def.3R2分27秒/ギロチンチョーク
ダマッシオ・ペイジ(米国)

飛び込んで右フックから、右ハイ、組みついてヒザ蹴りを仕掛けたペイジ。テイクダウン狙いはジョンソンが潰すが、すぐに立ち上がって首相撲からヒザを突き上げる。距離を取ろうとするジョンソンを大振りのフックで追いかけたペイジは、続く展開では、首投げからテイクダウンを奪うことに成功する。

ペイジはジョンソンの首を固め、ハーフからパスを狙う。腰をコントロールし、マウントを奪ったペイジ。エルボーをジョンソンの頭部に落としたペイジに対し、ジョンソンは腰を押してハーフに戻すと、起き上がってシングルへ。


立ち上がったジョンソンを、再び豪快に首投げで投げ捨てたペイジだが、すぐに立ち上がったジョンソンが今度はテイクダウン。負けじとペイジは、直後に立ち上がってボディロックからテイクダウンして、サイドを取る。フルガードに戻したジョンソンの顔面にペイジはパウンドを落とし、金網際に押し込んだところで初回が終了した。

2R、ジョンソンが左ハイを放ち、距離を詰めるが、ペイジはシングルから尻もちをつかせると、そのままバックへ。距離を取ったジョンソンの左ローが、急所を直撃しペイジは苦痛を浮かべ後方に倒れ込む。インターバル後、ジョンソンは左右のローを繰り出すと、ペイジの蹴りに合わせてテイクダウン。

クローズドガードのペイジの胸に顔を当てながら、的確にパウンドをヒットさせたジョンソンはパスを狙う。起き上がったペイジをダブルレッグで倒したジョンソン。ペイジはバタフライガードで防御し、リバーサルへ。立ち上がり際を潰し、バックに回ろうとするジョンソンに、ペイジは自らガードを取り、元の鞘に収まる。

勢いのある右の鉄槌を落とし、両足をコントロールしたジョンソンのマウント狙いに、背を見せたペイジ。急所蹴りでリズムが変わり、ジョンソン攻勢が続いた。

最終回、両者の蹴りが交錯すると、首相撲にきたペイジにジョンソンの右がヒット。後方にバランスを崩したペイジを潰したジョンソンは、ハーフから左のエルボーを連続で落とす。

アームロックで凌ごうとするペイジをキャンバスへと釘付けにし、細かいパウンドを見せるジョンソン。両脇を差したペイジは、ディフェンス一辺倒に。必死に体を起こして、シングルを仕掛けたペイジだったが、ここでジョンソンは待っていましたとばかりにギロチン一閃。スタミナを切らしかけていたペイジは、気持ちも続かずタップアウト。急所蹴りで流れが完全に変わった勝負だった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY