この星の格闘技を追いかける

【IFC】この夜一番のブーイングの下、ソクジュ判定勝ち

2010.11.10

Sokoudjou<ライトヘビー級/5分3R>
ソクジュ(カメルーン)
Def.判定3-0
ヴァルダス・ポチェビチュス(リトアニア)

【写真】敗者ポチェビチュスもそうだが、勝者ソクジュも余りにもアクションが少なく、観客はブーイングを送り続けた(C) Eliran Avital

ケージ中央に立つポチェビチュスに対し、ケージ際のソクジュ。試合開始から1分が経過しても、互いに手を出さず距離も縮まらないため客席からはブーイング、レフェリーから注意が与えられ、コメンテイターは「これはファイト、ダンスじゃない」と厳しい言葉を両者に発する

2分が経過したころ、前に出て蹴りを見せたソクジュだが、続くハイキックでバランスを崩して尻もちをつく。立ち上がるところに組みついたポチェビチュスは、ケージに押し込もうとするも逆にソクジュにテイクダウンを許してしまう。

ハーフのポチェビチュスにエルボーを落としたソクジュは、立ち上がることを許さず手を払って、そのままキムラアームロックへ。マウントを狙ったソクジュに対し、距離が一瞬離れたところでポチェビチュスは立ち上がってシングルレッグへ。


これをスタンドのキムラで切り返そうとしたソクジュが、再びテイクダウン。立ち上がったポチェビチュスにヒザの連打を見舞ったソクジュ、シングルを潰してパウンドを落しながら初回終了のブザーを聞いた。

2R、再びお見合いが続き、1分以上バトルが見られない試合に館内には、非難の口笛がこだまする。と、ローから距離を詰めたソクジュにテイクダウンを仕掛けるポチェビチュスだが、目的を達することができずスタンドへ戻ることを強いられる。ソクジュが踏み込んで左を振るうと、ダッキングでこれをかわしたポチェビチュスが、ヒザ蹴りを狙うも自ら姿勢を崩し、ガードへ。

トップを奪ったソクジュは細かいボディと左エルボーを、ハーフから落としていく。下からしがみつくポチェビチュス、レフェリーはここでブレイクを命じるが、両者が立ち上がったところで2Rが終了した。

最終回、ここでも距離を取ったまま1分間以上前に出ない両者。まずは遠い距離からポチェビチュスがローを見せる。その後、再び40秒も動きがなくレフェリーが1Rに続き、注意を与える。それでも距離が縮まらない両者、残り2分30秒となってソクジュがローを2発繰り出し、ポチェビチュスがキャッチしようとする。

意を決して距離を詰め、組みつくポチェビチュスだが、ソクジュがビクともしないと自ら距離を取り、拳が届きそうもない距離でパンチを振るうのみ。打撃戦にも、組み合いにも持ち込めないポチェビチュス、対するソクジュも対戦相手が前に来るのを待つばかりで、非常に動きの少ない試合に。

残り10秒となり大ブーイングのなか、ソクジュが2発ミドルを見せタイムアップに。その瞬間、館内のブーイングはさらに大きくなった。スマートというにはあまりにも慎重すぎるソクジュが、大ブーイングの下、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY