この星の格闘技を追いかける

【IFC】グルブルスキー、勝因はテイクダウン

2010.11.10

<ライト級/5分3R>
ヴィタリ・クルブルスキー(イスラエル)
Def.判定3-0
セロブ・ミナシアン(アルメニア)

長身サウスポーのクルブルスキーの前進に対し、アルメニアのサンビスト=ミナシアンはステップバックで距離を取る。クルブルスキーが左ミドルを放つと、ミナシアンは左フックを返す。距離を詰め組みついたクルブルスキーだが、ミナシアンが態勢を入れ替えケージに押し込んでいく。

テイクダウンに成功したミナシアン、ハーフの態勢になるが、クルブルスキーがヒールフックから相手の動きに合わせてトップへ。ワキをすくってバックに回ったクルブルスキーに、館内から大きな声援がとぶ。

クルブルスキーが襷掛けを解きパンチを放った瞬間に、ミナシアンは胸を合わせる。腰をコントロールしてクルブルスキーを立ち上がらせないが、パンチを放つこともできない。ラウンド終了直前にクルブルスキーの背中をマットにつかせたミナシアンがパウンドを落したところで、初回が終了した。


2R、右を伸ばすクルブルスキー、続く左にミナシアンが右を合わせる。伝統カラテ系のような構えのクルブルスキーは、踏み込みのスピードが速く打撃が伸びるが、連打がない。と、ジャブと同じような踏込からダブルレッグを狙ったが、これはミナシアンが防ぐ。

クルブルスキーが前に出てきたところに、右を合わせるミナシアン、下がり気味のファイトでネガティブな印象をジャッジに与える可能性も高い。道が相打ちとなった両者、ミナシアンがローを交えて前に出るも、すぐに距離を取り直す。

左を伸ばしながら突進したクルブルスキー、続けて横蹴りを見せる。ダブルレッグから組みついたクルブルスキーだが、テイクダウンに成功したのはミナシアンだ。しかし、ガードの中野ミナシアンは顔をうずめ、効果的なパンチを放てないままラウンド終了を迎える。

最終回、小刻みのステップから突き、下段、そしてテイクダウンの機会を伺うクルブルスキーが、距離を詰めて、ミナシアンをケージに押し込んでヒザを突き上げる。姿勢を低くし、再度ダルグレッグを仕掛けたクルブルスキーは、ここでテイクダウンに成功する。中腰になってパウンドを連打するクルブルスキー、優勢に試合を進める。

場内のヴィタリ・コールに背を押され、胸を起こして勢いのあるパウンドを見せるクルブルスキー、そのままトップをキープし判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY