この星の格闘技を追いかける

【GLORY】序盤で優勢、ギダンが逃げ切りに成功

2010.10.17

Gidon■キックボクシング・ワールドシリーズ1回戦/3分3R
ブリース・ギダン(フランス)
Def.3R終了/判定
フィリッピ・フェルリンデン(ベルギー)

【写真】3月にケスディ・カラケスを破っているブリース・ギダン。強さが伝わりにくいスタイルの持ち主だが、フィリッピ・フェルリンデンを下した(C)BAS UTERWIJK

チャクリキで練習しているレバンナが、メジロジム所属のギダンのセコンドに就く。フェルリンデンのコーナーにはコー・ヘマースが控える。左ジャブを伸ばすフェルリンデンに、左ハイキックを見せたのはギダンだ。

右を伸ばすフェルリンデンの頭部を、ギダンの右ハイがかすめていく。フェルリンデンの右ストレートを受け、ギダンが前方につんのめる。と、直後にギダンの右を受け、今度はフェルリンデンの動きが一瞬止まった。


2R、スイッチを織り交ぜながら対角線コンビネーションを披露するギダン。メジロジムで練習しているだけのことはある。左ジャブ、右フック、さらに左ミドルというコンビネーションが基本のギダン。ヒザを打ち込み、フェルリンデンのパンチを見切っていく。しかし、ラウンド終盤に右ストレートを放ったギダンの顔面をフェルリンデンのワンツーが襲う。

最終回、ギダンのローにフェルリンデンが左ストレートを合わせるが、ギダンは構わず前進を続ける。左ジャブから右を打ち込もうとするギダンは、リズムに乗り手数が増える。フェルリンデンも負けじと右フックを打ち込むが、逆に左アッパーを受けてしまう。

右ミドルを放ったギダンだが、ここでフェルリンデンのパンチが彼の顔面を捉え、ラスト10秒というところで動きが止まってしまう。それでも最後の5秒に反撃を試みたギダン。決定的なシーンは、最終回のフェルリンデンの連打のみ。果たしてジャッジの裁定は――、序盤の優勢で逃げ切ったギダンに凱歌が上がった。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN