この星の格闘技を追いかける

【BFC27】ママリス、マコウスキーのレスリング+柔術に屈す

<バンタム級トーナメント準々決勝/5分3R>
ニック・ママリス(米国)
Def.3R終了/判定3-0(30-27、30-27、30-27)
ザック・マコウスキー(米国)

サウスポーの構えからローを繰り出したマコウスキーの攻撃を冷静にかわすママリス。マコウスキーがシングルレッグでテイクダウンを奪い、左足を抜いてハーフの状態に。パスからニー・イン・ザ・ベリーに移行したマコウスキーは、マウントを奪取する。

腰を押して、肩ブリッジで逃れようとしたママリスだが、マコウスキーはしっかりとマウントをキープし肩固めへ。シザースで逃れようとするママリスに、マコウスキーは左のパウンドを落としていく。腹から胸に移動したマコウスキー、ママリスの動きに合わせて腕十字を仕掛ける。

一度は仰向けになりながら、腹這いに戻したママリス。マコウスキーは、ママリスの足をすくいつつ、またも仰向けに追い込む。ママリスも直後に腹這いとなり、30秒以上、その姿勢で耐えると、ついにエスケープに成功。直後にママリスがテイクダウンを仕掛け、マコウスキーがケージを背にスタンドをキープしたところで、初回が終わった。


2R、右を伸ばすママリスにテイクダウンを仕掛けたマコウスキー。ママリスががぶりからシングルを狙うが、テイクダウンには至らない。上背&リーチに優るママリスが、打撃でプレッシャーを与えようとするが、マコウスキーも距離をとってテイクダウン狙いのフェイントから打撃を見せ、最終的にテイクダウンを狙い組みついていく。

しかし、ここでテイクダウンからトップを奪ったのはママリスだった。ハーフガードから潜りスイープを狙うマコウスキーに、ママリスは右のパウンドを落とすも、スイープを奪われてしまう。

パスから上四方に回ったマコウスキーは、ママリスの動きに合わせバックに回り、立ち上がられてもシングルレッグに移行しトップをキープする。クローズドガードのママリスに、インサイドからマコウスキーが強烈な左のパウンドを落とし、攻勢のまま2Rを終える。

最終回もラウンド開始早々、マコウスキーがダブルレッグでテイクダウンを奪うが、ママリスがリバースに成功する。バックに回ったママリスは両足をフックし、そのままマウントへ移行。自らの胸を叩きつけるように、マコウスキーの頭部をキャンバスに打ちつけるママリスだが、態勢を入れ換えたマコウスキーはシングルから立ち上がる。

ギロチンで待ち受けたママリス、後方に回転しトップを奪い返すが、立ち上がり際にマコウスキーが小手投げを決める。再びバックを取ったマコウスキーに対し、ママリスは立ち上がり後方へスラムすると、そのままトップを取る。残り30秒になり、ママリスはハーフからパウンドを落とす。が、ここでもマコウスキーの潜りスイープでママリスを揺さぶると、アームロックで切り返そうとしたママリスを大きくすくい投げ捨てる。ママリスは肩固めを仕掛けられた状態で、試合終了の時を迎えた。

マーク・オーシロ、アルバート・リオスから一本を奪い、同トーナメント出場権を手にしたママリスだったが、マコウスキーのレスリング+柔術に屈し、フルマークの判定負けを喫した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY