この星の格闘技を追いかける

【UFC118】エドガー初防衛、メイナードもフロリアンを撃破

【写真】4月の対戦ではアウトボックスから手数の多さで試合に臨んだエドガーだったが、今回の作戦は? (C) ZUFFA

8月28日(土・現地時間)、米国マサチューセッツ州にあるNBAボストン・セルティックスのホーム会場TDガーデンでは、UFC118「EDGAR vs PENN 2」が開催された。

マサチューセッツ初開催となる同イベントのメインは、BJ・ペンが挑戦者として、フランキー・エドガーが持つUFC世界ライト級王座に挑む。今年4月のUFC112において、エドガーにまさかの敗戦を喫したBJは、微妙な裁定だったこともあり、即タイトルの懸かったリマッチが行われる運びとなった。

だが、エドガーは初回からBJに再三テイクダウンを決めると、決定打こそないものの打撃の手数でも上回り、優勢に試合を進めた。終わってみればジャッジ三者が50-45を付け、1ポイントも失うことなくBJを退け、初防衛に成功した。

また、セミファイナルで行われたボクシングのIBFで世界3階級を制した41歳のジェームス・トニーのMMAデビュー戦=ランディ・クートゥアー戦は、開始早々、クートゥアーのシングルレッグに簡単に倒されたトニーは成す術なく肩固めに一本負け。BJ×エドガーの勝者に挑戦する公算が高いと目されるケニー・フロリアン×グレイ・メイナードのライト級戦は、メインの王座戦同様、テイクダウンで優勢に立ったメイナードが判定勝ち。ウェルター級での出陣(前回の試合は、対戦相手の計量超過によりミドル級戦)となったネイト・ディアズは、マーカス・デイビスから変形チョークで一本勝ちを奪った。

第10試合 UFC世界ライト級選手権試合/5分5R
[王者]
○フランク・エドガー
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
BJ・ペン×
(米国)
第9試合 ヘビー級/5分3R
○ランディ・クートゥアー
(米国)
1R3分19秒
肩固め
詳細はコチラ
ジェームス・トニー×
(米国)
第8試合 ミドル級/5分3R
○デミアン・マイア
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マリオ・ミランダ×
(ブラジル)
第7試合 ライト級/5分3R
×ケニー・フロリアン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
グレイ・メイナード×
(米国)
第6試合 ウェルター級/5分3R
○ネイト・ディアズ
(米国)
3R4分2秒
チョーク
マーカス・デイビス×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○ジョー・ローゾン
(米国)
1R2分1秒
腕十字
詳細はコチラ
ゲーブ・ルーディガー×
(米国)
第4試合 ライト級/5分3R
×アンドレ・ウィナー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ニック・レンツ○
(米国)
第3試合 ミドル級/5分3R
○ダン・ミラー
(米国)
2R1分53秒
アナコンダチョーク
ジョン・シェルター×
(米国)
第2試合 ウェルター級/5分3R
×ニック・オシベチェック
(英国)
3R終了
判定
グレッグ・ソト○
(米国)
第1試合 ウェルター級/5分3R
○マイク・ピアース
(米国)
3R3分11秒
腕十字
アミルカウ・アウベス×
(米国)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie