この星の格闘技を追いかける

【UFC118】メイナード、フロリアンからテイクダウンを連発

■第7試合 ライト級/5分3R
グレイ・メイナード(米国)
Def.3R終了/判定
ケニー・フロリアン(米国)

サウスポーのフロリアンと、オーソドックスで構えるメイナード。より低く構えるフロリアンは、ジリジリと距離を詰めていく。開始1分を経過し、左ハイを見せたフロリアンに、メイナードは右フックを振るう。前足のローから、ボディストレートを放つフロリアンに、メイナードはタックルに入るモーションでフェイントをみせる。

距離を詰めながら、ジャブ、ストレートを伸ばしてくフロリアン。メイナードは差し合いから一気にケージへ詰めると、シングル、ダブルと切り替えながら、残り1分、大きく抱え上げてテイクダウンに成功する。


2R、ステップを踏みオクタゴンをサークリングするメイナードは、左のフックで飛び込む。これをかわしたフロリアンは、度々大きく踏み込みながらジャブを伸ばしては、左のミドルを蹴り込む。ラウンドの半分が経過し、メイナードが左フック、ショートアッパーからタックルで飛び込むと、この日、2度目のテイクダウンに成功。すぐに立ち上がるフロリアンだったが、サイドについたメイナードは後方に投げ捨てるように再びマットに寝かした。

サイドを取ったメイナードは、フロリアンの首に腕を巻きつけ、変わった形のチョークを狙う。ガードに戻したフロリアンだったが、上になったメイナードはパウンドを落とし、優勢のままラウンドを終えた。

3R、後がないフロリアンは、前に出てフック、ジャブ、左ハイからスーパーマンパンチと手数を重ねていく。だが、ここでメイナードが三度ダブルレッグへ。本ラウンドもまたテイクダウンを奪われたフロリアンはケージに詰められ、メイナードのパウンド&エルボーを受ける。

一度は立ち上がったフロリアンだが、追いかけるようにメイナードがテイクダウンを決めると、下から三角絞めを仕掛け、オモプラッタを狙ったフロリアン。だが、残り時間は立ち上がって距離をとったメイナードが逃げ切る格好で試合を終えると、判定の結果は、30-27、30-27、29-28の3-0でメイナードが勝利した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie