この星の格闘技を追いかける

【BFC26】デイリーを完封したワードが準決勝へ

2010.08.27

<女子115ポンドトーナメント準々決勝/5分3R>
リサ・ワード(米国)
Def.3R終了/判定3-0(30-27、30-27、30-27)
アイスリング・デイリー(アイルランド)

右ストレートを伸ばしながら、組みついたデイリー。ワードは首投げでテイクダウンを奪うと、そのままサイドを取る。脇を差してきたデイリーに対し、左のパンチを振るうワードはトップから試合を支配する。

ハーフで耐えるデイリーに、ワードは首あるいは腕を狙うが、なかなか思うように攻めることができない。と、ワードは回転の速いパウンドでデイリーを攻め立てる。デイリーはハーフのフックが外れそうになるが、二重絡みに組み直し、さらにケージを蹴るなどして、パスを許さないまま何とか1Rを乗り切った。


2R、再び首投げから首を締めつけるワード。デイリーは向き合い、立ち上がることに成功するとヒザをボディに突き上げていく。ワードもヒザを返し、再び首投げでテイクダウンを奪う。ヘッドロックからマウントを奪取したワードに、デイリーはハーフに戻してリバーサルを仕掛ける。バランスを崩し、ギロチンを見せたワードだが、これは極まらない。

初めてトップを奪ったデイリーは、細かいパンチを落としつつ、パスガードを狙う。肩パンチをヘッドバットと注意されたデイリーだが、直後にパスに成功。すかさず足を戻そうとしたワードだが、デイリーはここで上四方に。

洗濯バサミの要領でワードが下からデイリーの首を締めつける。三角の形に組みかえたが、デイリーは首を引き抜き、サイドへ。残り10秒となり、上下のポジションを激しく入れ替えた両者、試合は最終ラウンドへ。

左ジャブを伸ばすワード、ここでも首投げに成功する。ワードがハーフからパウンドを落とし、足を引き抜こうと試みると、パスを許しそうになったデイリーが背中を見せる。一気にバックマウントを奪ったワードは、前方回転で逃れようとしたデイリーから、しっかりとトップを奪い時間が進むのを待つ。

再びバックグラブの状態を取ったワード、バックからパンチを見舞い万全の態勢で、残り30秒を迎える。試合はこのままタイムアップを迎え、ワードが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie