この星の格闘技を追いかける

【BFC25】コンラッド、MMA確立中の完全勝利

2010.08.20

Konlad<ヘビー級トーナメント準々決勝/5分3R>
コール・コンラッド(米国)
Def.3R終了/判定3-0(30-27、30-27、30-27)
ロジェント・ロレット(スペイン)

【写真】テイクダウン、グラウンドコントロールとトップレスラーらしい動きは見られるが、ケージの使い方などまだまだ経験不足は否めないコンラッドだ (C) BFC

試合開始早々、ジャブから組みついたコンラッド。意外にもテイクダウンには固執せず、距離を取って再び打撃戦へ。と直後に、シングルレッグからテイクダウンに成功したコンラッドは、ハーフガードから肩固めの機会を窺いつつ、細かいパウンドを脇腹に落としていく。その後も強引に肩固めを仕掛けるが、ロレットがこの仕掛けに掛かることなかった。

潜りスイープから立ち上がろうとしたロレット、コンラッドががぶりをみせるが、自ら後方回転。まるで護身柔術のような動きで首を引き抜くと、スタンドへ戻る。


2R、左ジャブを伸ばすコンラッド、ロレットの右ローでバランスを崩しそうになる。遠い間合いから組みついたコンラッドだが、ケージに詰めた状態ではテイクダウンを奪いにはいかず、距離を取りなおした。

両者、探り合いのような打撃を繰り出す静かな展開が続き、コンラッドがシングルから一度はロレットをテイクダウンするも、すぐに立ち上がられてしまう。ここでも距離を取った両者にブーイングが浴びせられる。

3R開始早々にテイクダウンに成功したコンラッド、ロレットのラバーガードの試みは、その体の大きさで遮断する。コンラッドは、インサイドガードからコツコツとパンチを落とすが、あまり効果がある風には見えない。クローズドガードのロレットも、巨漢を相手にして何かを仕掛けられる状態ではない。

コンラッドは足を一本抜き、ハーフガードになると、1Rと同様に肩固めを狙いつつケージにロレットを押し込む。最後の10秒で上体を起こし、勢いのあるパウンドを落としたコンラッド、自ら立ち上がり試合終了の時を迎えた。

コンラッドは3‐0のフルマークで判定勝ちを手にしたが、観客の支持を集めることはできずブーイングを受けてケージを下りることに。まだ、MMAで自分の戦い方を模索中のようなコンラッドだった。

■Bellator25 無料放送!
20日(金)22時より「MMAチャンネル」で無料放送

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie