この星の格闘技を追いかける

【UFC117】計量終了、シウバ-ソネンが最後の神経戦

7日(土・現地時間)、カリフォルニア州オークランドのオラクル・アリーナで開催される、UFC117「Silva vs Sonnen」。大会前日となる6日(金・同)には、同所で公開計量が行われた。

メインカードには、米国-ブラジル勢がずらりと名を連ね、さながら“米国×ブラジル対抗戦”の様相を呈している同大会において、トリを務めるアンデウソン・シウバとチェール・ソネンは、戦前よりかつてないトラッシュトークを繰り広げており、今回の公開計量でも試合前最後になるであろう神経戦がみられた。

まず、ファンの歓声に迎えられると185ポンドで計量を終えたソネンは、高ぶる気持ちを抑えきれないのか、両手でガッツポーズをしたかと思えば、人指し指を挙げてみたり、ベルトを巻くポーズを繰り返す。

続いて王者アンデウソンは、首にヘッドホンをかけ、満面の笑顔で登場。ステージの階段を登り終えたところで、息を切らし、額の汗を拭う仕草でおどけてみせると、スケールの上でも祈るように目を瞑ってみたり、計量をパスすると、再び額の汗を拭って安堵感を演出したりと陽気なパフォーマンスを続けた。


ところが、ソネンと向き合うや、アンデウソンからはそれまで見せていた笑顔は消え、ファイティングポーズもとることなく、一切の視線を合わせない。一方でソネンはといえば、ジョー・ローガンからマイクを向けられると「アンデウソン・シウバの引退パーティ前日にようこそ」と高らかに言い放つなど、最後まで挑発をやめなかった。

また、セミファイナルに出場するチアゴ・アウベスは、周囲がタオルで隠し、全裸でスケールに乗って計量を行うも0.5ポンドオーバー。ファイトマネーは20パーセントの没収となり、対戦相手ジョン・フィッチとカリフォルニア州アスレチック・コミッションに、それぞれ10パーセントずつが支払われることになっている。

■UFC117「Silva vs Sonnen」計量結果は下記の通り

<UFC世界ミドル級選手権試合/5分5R>
[王者]アンデウソン・シウバ:184.5ポンド(83.7キロ)
[挑戦者]チェール・ソネン:185ポンド(83.9キロ)

<ウェルター級/5分5R>
ジョン・フィッチ:170.5ポンド(77.3キロ)
チアゴ・アウベス:171.5ポンド(77.7キロ)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グイダ:156ポンド(70.7キロ)
ハファエル・ドスアンジョス:156ポンド(70.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マット・ヒューズ:170.5ポンド(77.3キロ)
ヒカルド・アルメイダ:170.5ポンド(77.3キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ロイ・ネルソン:263ポンド(119.2キロ)
ジュニオール・ドスサントス:240ポンド(108.8キロ)

<ウェルター級/5分3R>
リック・ストーリー:169.5ポンド(76.8キロ)
ダスティン・ハザレー:169.5ポンド(76.8キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ロドニー・ウォレス:206ポンド(93.4キロ)
フィル・デイビス:205.5ポンド(93.2キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ティム・ブティッシュ:206ポンド(93.4キロ)
トッド・ブラウン:206ポンド(93.4キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス:171ポンド(77.5キロ)
チャーリー・ブレネマン:171ポンド(77.5キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ステファン・シュトゥルーフ:247ポンド(112キロ)
クリスチャン・モアクラフト:263ポンド(119.2キロ)

<ウェルター級/5分3R>
デニス・ホールマン:171ポンド(77.5キロ)
ベン・サンダース:171ポンド(77.5キロ)

<待望の2010年国内版、いよいよ登場!>
UFC(R) Undisputed(TM) 2010(国内版)
9月9日発売決定!

予約特典:9月5日18:00までにお申込の方は10%OFF!!!
全世界出荷累計400万本を記録した格闘ゲームの最新作は、前回作を凌ぐ大幅リニューアル、絶対に見逃すな!

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie