この星の格闘技を追いかける

【UFC】ケリーが妙技見せるも、ヴォルクマンが判定勝利

2010.08.02

■第6試合 ライト級/5分3R
ジェイコブ・ヴォルクマン(米国)
Def.3R終了/判定
ポール・ケリー(英国)

左右のフックを振りまわしながら前に出るケリーを、ヴォルクマンは冷静にバックステップでかわし、逆に前に出ていく。ヴォルクマンが組みつこうとしたところで、ケリーはエルボーを放っていくと、距離をとったヴォルクマンに、パンチを振るいながらケリーが組みつくが、再び自ら距離をとる。

アグレッシブなケリーの前進を利用して、低い姿勢から組みついてテイクダウンを奪ったヴォルクマンは、ハーフからエルボーを落とす。一瞬の隙をつき、立ち上がろうとしたケリー、直後にロックアップからテイクダウンを再び奪われ、サイドを取られる。背中をみせ、立ち上がろうとしたケリーに対し、ヴォルクマンは後方からパンチを叩きこむ。


一度は仰向けになり、ハーフの態勢から再びバックを見せたケリーは、飛び乗ってきたヴォルクマンを前方に振り落とそうとするが、トップをキープされたままマウントを許す。殴られながら、またもや亀になりマウントを逃れたケリーは、さらにトップまで奪い返したが、腕十字を仕掛けられながら、ラウンド終了のホーンを聞いた。

2R、ケリーの右ローをキャッチし、テイクダウンからサイドを奪ったヴォルクマン。ケリーはハーフに戻し、リバーサルに成功したかに見えたが、距離を上手くとったヴォルクマンがバックへ回り込む。足を一本フックし、脇の下からパンチを顔面に入れていくヴォルクマン。ケリーが嫌がり、仰向けになったところでサイドを奪う。

腕を固めてヴォルクマンがエルボーを見せると、潜りからまたも一瞬バックを見せておいて、抑え込みからケリーが逃れる。スクルンブルの状態のなかで、ヴォルクマンが腕十字を仕掛け、腕を引き抜いたケリーがトップを奪い、エルボーを落とす。バタフライガードで攻めさせないヴォルクマンは、そのまま潜りからシングルを狙う。ギロチンを仕掛けて下になったケリーは首を抜かれ、再びマウントを許してしまう。

ケリーは体を捻りながら胸を合わせ、この局面も乗り切る。ポジションを許しつつ、危機的なシーンには持ち込ませない非柔術的にグラウンドワークの妙技を見せ、ケリーは最終ラウンドでの逆転に懸ける。

3R、右ローを再びキャッチしてきたヴォルクマンにパンチを叩き込んだケリー。続くアタックには苦し紛れのギロチンを仕掛け、またもテイクダウンを奪われるが、直後にリバーサルに成功。足を抜けないケリーだが、インサイドから勢いのある左を落とすと、ヴォルクマンの脇を差し、パスを狙っていく。足を跳ね上げ、これを許さないヴォルクマン。両者の動きが少なくなると、ジョン・マッカシーがブレイクを命じた。

スタンドに戻り、即座にテイクダウンに成功したヴォルクマンは、しっかりとサイドをキープする。右脇を差し、亀になるのを許さないよう抑え込むと、ヴォルクマンはマウントを奪取する。ヴォルクマンの体を押しのけるように、ブリッジで態勢を入れかえ、立ち上がったケリーが左フックをヒット。ダメージを誤魔化すように、ヒザ立ちの状態からダブルレッグを決めたヴォルクマン、そのままバックを制した状態で、残り20秒を乗り切った。

ジャッジの裁定は3者とも30-27でヴォルクマン、エスケープの妙技こそ見せたケリーだったが、攻勢に出るシーンがほとんどなく順当な判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie