この星の格闘技を追いかける

【UFC】元WEC王者スタン、ミドル級初陣で一本勝ち

2010.08.02

■第3試合 ミドル級/5分3R
ブライアン・スタン(米国)
Def.3R3分10秒/三角絞め
マイク・マセンジオ(米国)

元WEC世界ライトヘビー級王者、スタンにとって初となるミドル級での一戦。UFCに戻ってきたレフェリー、ビッグジョン・マッカーシーにはファイター以上の声援が集まる。まずは左ローを見せたスタンに、マセンジオも飛び込むような左を見せる。スタンのヒザ蹴りにテイクダウンを合わせたマセンジオは、試合をグラウンドに持ち込むもののスタンはすぐに立ち上がる。

だが、スタンドに戻った次のアクションでまたもテイクダウンを奪われてしまうスタンは、潜りから立ち上がったところに、マセンジオがギロチンを仕掛ける。ボディ打ちから、肩を押し込むようにギロチンを解いたスタンは、そのままハーフから攻め込もうとするが、マセンジオがフルガードに戻す。


インサイドから左のパンチ、さらに右、スタンはマセンジオの首を抱えながらパンチを落としていく。中腰の態勢から、パウンドを1発振り落とし、2発目を狙ったところで立ち上がったマセンジオが組みつき、バックを奪う。そのままバックをキープしたマセンジオが、後方からパンチを数発見舞ったところで、初回が終わった。

2R、飛び込んできたマセンジオのボディにヒザを突き上げたスタンだが、またもイージーにテイクダウンを奪われてしまう。クローズドガードからエルボーをマセンジオの頭部に見舞っていくスタン。マセンジオが立ち上がると、シッティングからシングルを狙うが、ここもギロチンで切り返される。1R同様、首を引き抜き結果的にトップを奪ったスタンは、強烈な右の連打を落としていく。そのままトップから攻撃を続けたスタンのペースで2Rは終了した。

最終回、組みついてきたマセンジオに対し、スタンはバックステップから狙いすましたパンチをヒットさせる。一気呵成に攻め込もうと、再び組みつかれ持ちあげられそうになったところで、スタンが必死で足を絡めるが、これは極まらない。

スタンは再びガードを強いられるも、豪快に蹴り上げを見せる。続けて、三角を仕掛け、最終的にマセンジオの胸を蹴り上げて立ち上がることに成功する。直後のマセンジオのダブルレッグを切り返そうとしたが、上手く体重をあずけられ、またもテイクダウンを許したスタン。しかし、直後に三角絞めを仕掛けると、疲れの見えるマセンジオの動きが止まりタップアウト。テイクダウン・ディフェンスに難は残ったが、ミドル級初陣で一本勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie