この星の格闘技を追いかける

【Challengers】ガードワーク支持せず、米MMAらしい判定

Voelker<ウェルター級/5分3R>
ボビー・ヴォルカー(米国)
Def.3R終了/判定2-1
コーリー・ダベラ(米国)

【写真】パンチこそ入れていたが、常にコーリー・ダベラの攻撃に対し受けに回っていたという見方もできるボビー・ヴォルカーが勝利した (C) ESTER LIN/STRIKEFORCE

試合開始早々組みついたダベラ、じっくりと時間をかけてテイクダウンに成功すると、そのままマウントへ。三角の仕掛けをヴォルカーに察知されると、左右のフックを豪快に落としていく。やや上半身に力が入ったようなダベラを押し上げ、隙ができるとすかさず立ち上がったヴォルカー。ダベラが一度はバックに回るが、胸を合わされると、首相撲からヒザを見せ、直後にテイクダウンを成功する。

ハーフから鉄槌を落とすダベラは、ヴォルカーをケージ際に追い込んでいく。ギロチンを見せたヴォルカーだったが、効果はなくダベラは簡単に首を引き抜く。と、ダベラは逆にギロチンを見せ、自ら反転し背中をマットにつけて力を込めていく。しかし、この攻撃は裏目となり、エスケープに成功したヴォルカーがトップからパウンドを落とすという展開で初回を終えることになった。


2R開始早々、再び組みついたダベラはダブルレッグでテイクダウンを奪いハーフへ。首を固めリバーサルに成功したヴォルカーだったが、ダベラは腕十字へ。左手を取られたヴォルカーが、勢いのあるパウンドを落とすと、ダベラはその顔にかけていた右足を外し、再びガードポジションへ。

振りの大きなパウンドを見せたヴォルカーだが、ダベラのガードワークの前に効果的な攻撃を見せることができない。ダベラはバタフライガードからリバーサルを狙い、ヴォルカーがギロチンで迎え撃つと、再び背中をマットにつけガードポジションへ。パウンドを受けつつ、ヴォルカーの左足を取り、ヒザ十字を見せたダベラ。ヴォルカーが足を引き抜くと、力を振り絞るように立ち上がり強引なフックをヒットさせる。抑え込まれながら、ガードからの仕掛けを続けたダベラは、やや疲れを見せながら最終ラウンドへ。

これまでの2Rと同様に、ケージにヴォルカーを押し込んだダベラ。離れながらフックを2発放ったダベラは、直後に組みつくも倒せないとみるや自ら距離を取る。その瞬間にヴォルカーがヒザを突き上げる。疲れが目立つダベラは、それでも組みついてシングル、ダブルと仕掛け続ける。

距離ができた直後にヴォルカーのパンチを受け、負けじとパンチを返すダベラだったが、腕を振るうとバランスを崩してしまった。そのバランスをキープしようとするあまり、両足が揃ったところでヴォルカーがダブルレッグからテイクダウンを奪うことに成功する。
ダベラは再び、足関節を見せると、体を捩じって立ち上がったヴォルカーに渾身の力を込めて左右のフックを放っていく。必死にパンチを繰り出し、スタミナが続かなくなると組みついてタイムアップを待ったダベラ。2Rにダベラを見せたガードワーク、そして荒いパンチを、どのようにジャッジが判断するか。まず最初のジャッジは29-28でダベラ、2人目は29-28でヴォルカー、3人目は29-28でヴォルカー。やはりガードワークを支持せず、米国MMAらしい裁定で、攻撃を受ける場面が目立ったヴォルカーが勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday