この星の格闘技を追いかける

【TPF05】ローディガー、思い出の地べライト級王座戴冠

2010.07.10

Ruediger■TPFライト級選手権試合/5分5R
ゲイブ・ローディガー(米国)
Def.1R3分25秒by TKO
レニー・ロバト(米国)

【写真】このテイクダウンから寝技の展開になり、レニー・ロバトを寄せつけなかったゲイブ・ローディガー (C) DAVE MANDELL

ディエゴ・サンチェスの現在のトレーニングパートナーを務めるレニー・ロバトが、ベテランのローディガーとタイトル決定戦に挑む。屋外会場も夜の帳がおり、ようやく西日に悩むことがなくなって戦うことができるように。まずはローディガーが、組みついてロバトをケージに押し込んでいく。

細かいヒザを繰り出し、首相撲からヒザを顔面に突き上げたローディガーは、ロバトのローに合わせテイクダウンに成功する。ハーフからパウンド、エルボーを落とし、ローディガーはパスへ。


起き上がって来たロバトからバックを奪ったローディガーは、四の字フックからパウンド、さらにリアネイキドチョークを仕掛ける。ロバトを腹這いにさせ、さらに腕に力を込めつつ、ローディガーはパンチも顔面に落とす。

完全に背中を見せ、防御もままならなくなったロバトにパウンドを連打したローディガー、一気にここで勝負をかけ、ノンストップで拳を振るうとレフェリーが試合をストップ。3分25秒でローディガーが、5年9カ月前にWEC世界ライト級王座を戴冠した同地で、TPFライト級のベルトを巻いた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

大会予定(現地時間)

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday