この星の格闘技を追いかける

【Bellator117】アモゾー、前に出る姿勢でゴメスに辛勝

2014.04.19

<ウェルター級/5分3R>
カール・アモゾー(フランス)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
デイヴィッド・ゴメス(米国)

左ジャブから左ミドルを見せるアモゾー。軽く前かがみのゴメスが右ローを返す。直後にワンツーからローをアモゾーが蹴り込む。軽快にワンツーを入れるアモゾーに対し、ゴメスのパンチはやや力が入っているか。ゴメスの左ジャブをバックステップでかわすアモゾーだが、続く右の相打ちは打ち負ける。急所に蹴りが入っても、構わず試合続行を主張したアモゾーが距離を詰めてフックの連打を見舞う。しかし、ゴメスの右を被弾してしまい、アモゾーは再び距離を遠目に取るように。

残り90秒、アモゾーの距離で試合は進み、ジャブやローがゴメスを捉える。ゴメスの左を被弾したアモゾーは右目を気にするように。ワンツージャブで前に出たアモゾーをゴメスの左フックが迎え撃つ。互いにリズムに乗りきれない打撃戦は、手数でアモゾーが取った。

2R、アモゾーの左ミドルが連続で決る。ゴメスは左フックを返すも、またもミドルを受ける。距離が近づき、足払いでテイクダウンを奪ったアモゾーがヒールフックへ。抜かれて下になる前でアモゾーが立ち上り、ゴメスもスタンドへ。組んでケージにゴメスを押し込んだアモゾーは、左のオーバーフックからボディへヒザを突き上げる。距離を取ったゴメスが左ジャブから右フックをヒットさせる。アモゾーは左ミドルを返すも、左フックを受けて下がる。右フックで逆襲に出たアモゾーが前に出るも、打ち合いだとゴメスが優勢だ。

組んで距離を詰めても、テイクダウンを取れなかったアモゾー、右ローから左ストレートを受ける。左フック、跳びヒザに転じたアモゾーだが、スタミナを切らして動きがスローに。ゴメスの左フック、ストレート、さらに右ローがアモゾーを襲う。ポイント的には微妙だが、流れはゴメスに向かいつつある2Rが終わった。

最終回、アモゾーのダブルの左ジャブに対し、左ミドルを返したゴメス。組みに行くアモゾーに細かいパンチを入れる。さらにゴメスは左ストレートをヒットすると、左ボディフックを放つ。打撃が明らかにゴメスの距離となり、アモゾーが組むシーンが多くなる。首相撲に取られながら左右のフックをボディに入れたゴメスは、離れ際に右アッパーを打ち込む。アモゾーは引き続き組んでケージにゴメスを押し込んでいく。

アモゾーのヒザが急所に入っても、インターバルを拒否したアモゾーが距離を詰め組んでからヒザを突き上げる。打撃の距離になると、ゴメスは右フックを打ちこみアモゾーはここでも組みつく。残り1分を切り、消耗が激しい両者。ケージ際の攻防が続き、最後の10秒で両者が離れる。効果的な打撃はないまま試合はタイムアップに。単発パンチのゴメスか、あるいは前に出る姿勢のアモゾーか。結果はスプリットでアマゾーが接戦を制した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday