この星の格闘技を追いかける

【Metamoris03】ハファ・メンデス&キーナンはモダン柔術の妙味

Rafael Mendes vs Clark Gracie

【写真】エディが10thPlanet柔術の神髄をメインで魅せた同大会、ハファ・メンデスもガッツリと最先端モダン柔術を披露した。

3月29日(土・現地時間)、カリフォルニア州ロサンゼルスのピーターソン・オートモーティブ・ミュージアムにて、Metamorisプロ柔術インビテーショナル第3回大会「The Rematch」が開催された。20分×1R、ポイント&判定無し、決着は一本のみという今大会ではエディ・ブラボー×ホイラー・グレイシーが柔術史、いや格闘技史に残る魂の名勝負を繰り広げた。そんなM-3からキーナン・コーネリアス、ハファエル・メンデスといういわゆるモダン柔術を代表する選手2名の試合の模様をお伝えしたい。
Photo by METAMORIS / James Law, Scott Hirano, Will Fox

Rafa vs Clark 01<20分1R>
ハファエル・メンデス(ブラジル)
Draw
クラーク・グレイシー(米国)

試合開始間もなく、同時にガードに引き込む両者。いわゆるダブルガードの状態から、メンデスが体を高速回転させてのベリンボロ。 あっという間にクラークの背中の下に潜り込んでみせた。そこからバックを奪いにかかるメンデスだが、クラークはエビに似た動きで両腕を使ってメンデスを遠ざけて抵抗。やがて逃れてダブルガードに戻すことに成功した。

その後もベリンボロを狙うメンデスと、それを凌ぐクラークという展開が続く。一方的に攻撃を仕掛けているメンデスは、あと少しでバックという状態を作りつつも、クラークに逃げられてその都度仕切り直しを余儀なくされている。さらにメンデスはベリンボロから上の体勢を奪える機会も作ったが、あえて上からパスは狙わず、ダブルガードからのベリンボロ狙いに戻る。

Rafa vs Clark 02残り6分になったところで、またしても高速ベリンボロを仕掛けたメンデス。右、左、右、左と次々と回転の方向を変える驚きのムーブでクラークのバックを狙ってゆく。ついにパンツに手をかけることには成功したが、クラークは尻を半分出されながらもエビで脱出。その後立ち上がったクラークは上攻めを選択するかと思いきや、アキレスを狙って倒れ込む――も、メンデスはこれを察知し、未然に防ぐ。

残り1分、立ち上がったメンデスがついに上からパスガードを狙う素振りを見せる。しかし冒険はせずに再びダブルガードへ。結局両者決定的な場面を作れないまま時間切れに終わった。

先日のヨーロピアン大会ではパウロ・ミヤオ相手にあえて上攻めを選択したメンデスが、今回は安全圏から出ることなくベリンボロ狙いに終始。ディフェンスを余儀なくされたクラークも攻め込めず、ということでやや動きに欠ける試合になってしまったことは否めない。それでもメンデスのベリンボロのスピードと切れ、左右に回転方向をチェンジしながらバックを狙う動きは第一人者の面目躍如と言うべきものだった。そして、この最新ムーブを、クラークがエビという基本中の基本ムーブのヴァリエーションでディフェンスしてみせたところにもこの試合の妙味があった。

圧倒的優位の予想にもかかわらず極め切れなかったメンデスだが、特に落ち込んだ様子もなく「ずっとバックを奪ってサブミッションを狙っていたんだ。バックこそベストポジションだからね。うまくいってバックを取れかけたんだけど、クラークもよく守ったね」と語り、爽やかな表情でメタモリスは仲間に感謝の言葉を述べた。

対するクラークの方は「ベリンボロのディフェンスは徹底的に練習してきたんだ。ただあまり攻めることができなかったのは残念だ。まあ世界トップの選手が相手だから仕方ないよ」と淡々と語った。

Keenan Cornelius vs Kevin Casey<20分1R・ノーギ>
キーナン・コーネリアス(米国)
Def. ヒールフック 
ケヴィン・ケイシー(米国)

当初コーネリアスと対戦予定だったヴィニー・マガリャエスのブドウキンによる感染症が直前に発覚し、代打出場となったのはなんと試合開始30分前にオファーされたというクロン・グレイシーの黒帯ケヴィン・ケイシー。かつていかにもガラの悪いラップビデオをリリースして悪名を馳せたケイシーは、メタモリス主催のハレック・グレイシーとも親しく、ハレックのラップシングル”GINAGI”のプロモーション・ビデオにも出演している。

Keenan vs Casey 01試合開始後、絶妙な出足払いを見せるケイシー。転がされたコーネリアスが得意のオープンガードからベリンボロ等で展開を作ろうとするが、ケイシーは距離を取ってディフェンスに徹しスイープやバックテイクを許さない。さらにコーネリアスはクローズドガードに飛びついて下からサブミッションを狙うものの、これもケイシーは無難にディフェンス。

10分が経過したところで、戦法を変えたコーネリアスがアームドラッグからダブルレッグにつなぐ連携でテイクダウンに成功。あっという間にニースライド・パスを決めてさらにマウントを奪ってみせた。これで勝負あったかに見えたが、ケイシーは上半身を起こす形で体勢を入れ替えてエスケープ。

Keenan vs Casey 02スタンドに戻ると、またしてもコーネリアスがアームドラッグからのダブルレッグでテイクダウン。足をさばいてあっさりパスしたコーネリアスは、そのまま50/50の要領で足を絡めると内ヒールを狙う。コーネリアスの腕を掴んでディフェンスしようとしたケイシーだが、形に入られると極められる前に無理せずタップ。5月にRFAでミドル級選手権試合に挑む身としては賢明な選択だった。

順当勝ちを収めたコーネリアスは「(対戦予定だった)ヴィニーの早い回復を祈るよ。直前オファーを受けてくれたケヴィンには感謝だ。ウォリアーだよ。(フィニッシュは)もともとマウントを取ろうと思ってたんだけど、セコンドが足関節に行けと指示してくれたからね。サイドから50/50に入ってヒールというのは、ADCCに向けてのキャンプでも練習していて得意技なんだよ。特にディーン・リスターが足関節についていろいろいい技を教えてくれたんだ」と語った。

ケイシーは「俺もファイターだから、懸命に練習してきた末に試合を取りあげられてしまうのがどんなことか、よく分かっている。キーナンの練習を台無しにしたくなかったから受けたんだ。でも残念ながらスタミナが持たなかったよ。もっと準備をしてまた彼と戦いたいね。別にキーナンの勝利をくさすつもりはない。彼はいい試合をしたよ。みんな、俺は5月30日のRFAでの僕はミドル級タイトル戦を戦うから、見てくれよ」とアピールした。

■Metamoris03「The Rematch」試合結果

<20分1R・ノーギ>
エディ・ブラボー(米国)
Draw
ホイラー・グレイシー(ブラジル)

<20分1R>
ハファエル・メンデス(ブラジル)
Draw
クラーク・グレイシー(ブラジル)

<20分1R・ノーギ>
キーナン・コーネリアス(米国)
Def.ヒールフック
ケヴィン・ケイシー(ブラジル)

<20分1R・ノーギ>
ディーン・リスター(米国)
Draw
ヘナート・ババル(ブラジル)

<20分1R>
ギ・メンデス(ブラジル)
Def ベースボールチョーク
サミール・シャントリ(ブラジル)

<20分1R>
ザック・マックスウェル(米国)
Draw
ショーン・ロバーツ(米国)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie