この星の格闘技を追いかける

【WSOF09】グラッツマーカー、TD&グランドコントールで完勝

Gruetzemacher

【写真】テイクダウンすると柔術+パウンドの強さを十分に見せつけたグラッツマーカー、今後に注目のベンソン・ヘンダーソンのチームメイトだ(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
クリス・グラッツマーカー(米国)
Def.3-0:30-27、30-27、30-26
ジョン・ガンダーソン(米国)

片膝をついてトリッキーな構えを見せるガンダーソン。グラッツマーカーは立ち際に顔面前蹴りを見舞い、ダブルレッグでテイクダウンを狙う。ガンダーソンはそこにフロントチョークを合わせるが、グラッツマーカーが頭を抜いてトップポジションへ。ガンダーソンは激しく動いて、ケージに体を預けて立ち上がろうとするが、グラッツマーカーはしっかりコントロールし、バックに回り込みながらパンチを入れる。フロントチョークを狙いつつ、亀になって展開を作ろうとするガンダーソン。グラッツマーカーにサイドポジションを奪われても、一本足を戻して潜りスイープを仕掛ける。その後も激しく動き続けるガンダーソン。しかし最終的にトップポジションをキープするグラッツマーカーが的確にヒジ打ちとパンチを落としていく。

2R、距離を潰して組みつくグラッツマーカー。ガンダーソンは1Rと同じようにフロントチョークを狙うが極まらない。立ち上がったガンダーソンをケージに押し込むグラッツマーカーは離れ際にパンチとヒジ打ち。ガンダーソンも首相撲からヒザ蹴りを狙う。テイクダウンを奪ったグラッツマーカーは、ガンダーソンをコントロールしてパウンドとヒジ打ち。一瞬、立ち上がったガンダーソンがフロントチョークを狙うが極まらない。再びトップポジションを取ったグラッツマーカーは、ケージに背中を預けるガンダーソンに左右のパンチをまとめる。ガードポジションから手首を持ってサブミッションを狙うガンダーソン。グラッツマーカーはガンダーソンをケージに押し込み、パンチで確実にダメージを与える。残り1分を切り、立ち上がるガンダーソン。下がりながらパンチを見せ、ここでもフロントチョークを狙うが、結果的にグラッツマーカーにトップポジションを許してラウンド終了を迎える。

3R、グラッツマーカーがすぐにガンダーソンをケージに押し込み、シングルレッグでテイクダウンを奪う。ガンダーソンはケージを背にして立ち上がろうとするが、グラッツマーカーは脇を差して頭を押し付けて阻止。バックをうかがないながらパンチを当てる。ガンダーソンも何とか立ち上がるが、グラッツマーカーが蹴りをキャッチしてすぐさまテイクダウン。ガンダーソンのガードからの仕掛けを潰し、パンチを当て続ける。そして残り1分30秒、バックマウントを奪ったグラッツマーカーがリアネイキッドチョークへ。腕を外して正対したガンダーソンが逆にバックをうかがい、逆転の腕十字を狙うが極まらず。グラッツマーカーがテイクダウン&グラウンドコントロールで攻め続け、フルマークの判定勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie