この星の格闘技を追いかける

【WSOF09】打撃&TD、バランスの良さを見せたハンセンが勝利

Brenon Hansen

【写真】ネフォリオスも優れたステップワークを見せたが、ブレンソン・ハンセンが総合力で上回った(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
ブレンソン・ハンセン(米国)
Def.3-0:30-27、30-27、29-28
ブーステア・ネファリオス(米国)

じりじりとプレッシャーをかけるネファリオス。ハンセンは右ストレートと右ハイキック。ネファリオスも右で前に出ていく。ハンセンのローにワンツーを合わせるネファリオス。ハンセンは距離を詰めて右ヒジ。ネファリオスは左手と前足でフェイントを入れてワンツー、ハンセンは細かいパンチで前に出てダブルレッグでテイクダウンを奪う。首を抱えて寝かせると、一気にサイドポジションへ。ネファリオスはケージを蹴って後転するように立ち上がる。ネファリオスが右アッパーを打つとハンセンが右ストレートを合わせる。ガードを下げて右を強振するネファリオス。ハンセンはガードを上げてジャブを突き、ダブルレッグでテイクダウンも狙う。

2R、ハンセンが左フックと右ロー、一気に距離を潰して前に出る。ネファリオスも下がりながら右アッパーや右ローを返すが、ハンセンがローに右ストレートを合わせて前に出る。左右のフック、ジャブからパンチをまとめるハンセン。ネファリオスを下がらせて左ボディ、右ストレート、右ローをヒットさせる。ハンセンは右ストレートと左ボディで前進。丁寧にジャブを突き、ダブルレッグでケージまで押し込んでテイクダウンを奪う。ハーフガードで上になるハンセンだったが、レフェリーは早いタイミングでブレイクを命じる。試合がスタンドに戻るとトリッキーなヒジで飛び込むネファリオス。ハンセンはペースを乱さず、高いガードからジャブを当て前に出ていく。ネファリオスは飛びヒザ蹴りも狙うが当たらない。

3R、ハンセンのジャブを上体を振ってかわすネファリオス。ハンセンはパンチから左ミドル、ダブルレッグで組みつく。突き放したネファリオスは右ヒジ、右ローをハンセンの前足に集める。ジャブで前に出るハンセンにネファリオスが左ハイキック。お互いに右ミドルを蹴り合うと、ハンセンがジャブから右フック。ネファリオスも右を返す。構えをスイッチしてパンチを振るうネファリオスだが、ハンセンの固いガードは崩れない。しっかりとネファリオスのパンチをブロックしてコツコツとジャブを当てる。ネファリオスの左の蹴りがハンセンの急所に当たり、インターバルが入る。再開後、ハンセンはネファリオスの右ミドルをキャッチしてテイクダウン。インサイドからヒジ打ちを落とし、ネファリオスが立ったところにヒザ蹴りを突き上げる。ここで試合終了となり、パンチと蹴り、そしてダブルレッグからのテイクダウンとバランスの良さを見せたハンセンが判定勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie