この星の格闘技を追いかける

【Belaltor113】5Rのスカし合い? ニュートンがLH級王座統一

2014.03.22

<Bellator世界ライトヘビー級王座統一戦/5分5R>
エマニュエル・ニュートン(米国)
Def.2-1:49-46, 48-47, 47-48
アッティラ・ベグ(スロヴァキア)

サウスポーに構えたベグ、オーソのニュートンが左ジャブを伸ばす。ジャブから右ストレートとコンビネーションを見せたニュートン、ベグは慎重に距離を取る。ニュートンがスイッチ、ベグも一瞬、オーソに構える。サウスポーに戻ったベグの左ミドルを受けて、ニュートンがケージに下がる。自ら距離を取ったベグは、スイッチを繰り返すニュートンのパンチをかわして組みつくと、ヒザをボディに突き上げた。

基本サウスポー、時折りオーソから右を伸ばすベグに、ニュートンはペースを掴めない。回転系の動きも不発のニュートン、左アッパーから左ハイのプレッシャーで下がる。残り15秒で組んだニュートンだったが、テイクダウンは奪えなかった。

2R、互いに構えを変えるなか、ベグの左アッパーがヒット。ニュートンも大きな振りのフックを返す。ニュートンの右ジャブ3つからの後回し蹴りは届かない。ニュートンは右ストレートから組んでケージにベグを押し込むも、ヒザが急所に当たりブレイクが掛かる。再開後、ベグは右ショートアッパーを入れたが、組んだニュートンがバックへ。ケージを背に胸を合わせたベグはシングルを切って、距離を取り直す。

組みながら打撃を振るうニュートン、見る場面が多いベグ。ベグの下がりながらの左アッパーは当たりが浅い。残り40秒でニュートンが組んで、再びベグをケージに押し込む。離れてパンチを交換した両者、このラウンドは手数でニュートンとなったか。

3R、まずはニュートンが右ミドルから右を伸ばす。さらに踏み込んで右ストレートを続ける。待ちの姿勢の正規王者、ニュートンのパンチをかわすが、あまりにも手数が少ない。残り半分、ニュートンのフックに左アッパーを放ったベグ。さらにアッパーを続け、距離を詰める。ニュートンが打ち返し、ベグが再び距離を取り直す。組んだニュートン、ベグは距離を取り軽く左ハイへ。ブロックしたニュートンだが、続く左を顔面に受けてしまった。

4R、ニュートンが前に出て、ベグが右フックで迎え撃つ。すぐに組んだニュートン、体を入れ替えたベグがケージ中央に戻る。サウスポー同士、オーソ同士、サウスポー×オーソ、オーソ×サウスポーと構えが変わっても、ベグの慎重な試合運びは変わらない。ニュートンがシングルレッグからドライブ、ボディにヒザを突き上げる。距離を取ったベグは左アッパーを空振りする。接近戦でのフック、アッパーの応酬はともにヒットはなく、このラウンドも残り90秒に。ニュートンの前進に左アッパー、ベグは右フックを合わせながら回り続ける。追いかけて目測の甘い回転系の蹴りを繰り出すニュートン。館内は冷え切ってくる。と、残り15秒でベグがダブルレッグを見せ、切られるとボディにヒザを繰り出す。ラウンドが終了し、観客のブーイングがケージの両者に向けられた。

ケージ中央でのハグから最終回に臨んだ両者。ニュートンが前に出て左をヒットさせる。ここに来ても戦い方を変えないベグに対し、積極的になったニュートンが組みついていく。ベグはシングルを切り、体を入れ替えては離れる。ワンツーから前に出たベグ、左アッパーを放ち、前に出てきたニュートンに右を入れる。ニュートンも右から蹴り、組んでいくも試合が大きく動くことはない。そうなればニュートンのケージへ押し込みが積極的と評価されるのか。

と、ベグもダブルレッグを狙ったが、がぶられそうになると直ぐに起きあがって下がる。前に出るニュートン、シングルレッグでドライブしたが、ケージに押し込むところでアタックが途絶える。最後までシングルに拘ったニュートン、切って蹴りを入れたベグは試合終了とともに両手を挙げて勝利をアピール。ニュートンも同じように手を広げる……。効果的な攻撃がほとんど見られなかった25分間、自然ジャッジは前に出る姿勢と手数を取るのか。下がってタッチした数を取るのか。結果、裁定はスプリットに割れニュートンが新チャンピオンに輝いた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie