この星の格闘技を追いかける

【UFC171】TD決めたガルシアに凱歌。2Rには激しい打ち合いも

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・ガルシア(カナダ)
Def,2-1: 29-28, 28-29, 30-27
ショーン・スペンサー(米国)

互いに低い姿勢からジャブ伸ばすと、スペンサーの前進にガルシアはアッパーを狙う。ショートフックから組みついたガルシアがテイクダウンを奪うと、立ち上がり際にバックに回る。そのまま腰を落したスペンサーが、ケージを利して立ち上がる。打撃の間合いに戻るとスペンサーが左ハイを見せる。ガルシアは右フック、スペンサーの左ミドルをブロックしてローを蹴り込む。

スペンサーが前に出ると、カウンターで右フックを放ったガルシア。続くアッパーは空振りになる。右ハイを蹴り込んだガルシアは、接近戦でアッパーを見せ、残り90秒で再びテイクダウンに成功する。ここも立ち上がったスペンサーが、体を入れかえるもガルシアがショートのアッパーを2発見せ、距離を取り直す。左フック、左前蹴りから右の裏拳とガルシアが優勢のまま初回を戦い終えた。

2R、ガルシアは右ストレートから左フック、さらにアッパーにつなげる。スペンサーは左ローを入れるも左フックに距離を取り直す。スペンサーは左フックをヒットさせ、左ミドルへ。ガルシアは左フックから、右アッパー、左ハイ。ダブルレッグでテイクダウンを奪ったガルシアは、ケージを利して立ち上がったスペンサーにショートフックを見舞う。

と体を入れ変えたスペンサーの右フックがガルシアを捉え、形勢逆転。パンチのラッシュでスペンサーがガルシアを追い込むが、逆にガルシアの右フックを受けて動きが止まる。パンチの打ち合いのなかでテイクダウンを取ったガルシアだったが、スペンサーが体を入れ替えてトップへ。スタンドに戻ると、互いにフックを打ち合う。残り1分でテイクダウンを決めたガルシアが脇を差して抑え込む。ケージを蹴って後方回転から立ち上がったスペンサーが右ストレート2発、ガルシアのテイクダウン狙いを耐えながら、激しい打ち合いのラウンドを終える。

最終回、右オーバークロスで体の軸を失うなど疲れが目立つガルシア。スペンサーも慎重な姿勢を崩せず、時間が過ぎていく。ワンツーを入れたスペンサー、ガルシアも右フックを返しダブルレッグでケージに押し込む。このまま腰をコントロールして、ケージの中央側にテイクダウンしたガルシアに対し、スペンサーが両手をマットついてケージ際まで移動して立ち上がる。

体をいれかえ左フックから右ハイをスペンサーが放つ。疲れが目立つガルシアだが、ここでもダブルレッグでテイクダウンを奪うと、バックを取って両足フック。そのままマウントへ移行する。

スペンサーがケージを蹴ると、自ら立ち上がったガルシアは続く勢いのあるパウンドをかわされ立ち上がられてしまう。残り20秒、ミドル、右フックとガルシアを追いかけるスペンサーはスピニングバックフィストを空振りしてタイムアップに。直後に大きな叫び声を挙げたスペンサーだったが、裁定はスプリットでガルシアに凱歌。テイクダウンが明暗を分けたか。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie