この星の格闘技を追いかける

【UFC171】TD奪われたピネダ、ヒザ十字極め切れず判定負け

2014.03.16

<フェザー級/5分3R>
ロバート・ホワイトフォード(英国)
Def.3-0: 30-27, 29-28, 29-28
ダニエル・ピネダ(米国)

サウスポーのホワイトフォードに対し、ピネダが右ミドル。ホワイトフォードは左ボディストレートを返す。ピネダが勢いのある右ミドルを再び決める。組み合いのなかでホワイトフォードも左ボディを打ち込み、両ワキを差してピネダをケージに押し込む。小外掛けでテイクダウンを狙うも、ピネダが金網を背にして耐える。腰をコントロールしてテイクダウンを奪ったホワイトフォードが、ピネダの立ち上がり際にバックに回り。胸を合わされると、ボディロックから再び、ピネダを倒す。

ここもケージを背に立ち上がったピネダ、レフェリーがブレイクを命じる。ピネダは右アッパーを振い、ここでも右ミドルを決める。ピネダのテイクダウン狙いを切ったホワイトフォードが、間合いを取り直し左ストレートをヒットさせる。残り10秒、飛びヒザとハイキックをピネダが放つもヒットはしなかった。

2R、開始直後にテイクダウンを決めたホワイトフォードが、インサイドガードから右エルボーを落す。ホワイトフォードが立ち上ると、すぐにピネダも起き上がって組んでいく。腰をコントロールして尻餅をつかせたピネダに対し、ホワイトフォードは立ち上がってすぐに胸を合せて距離を取る。左ローを受け、嫌な表情を浮かべたホワイトフォードは直後に左ハイをヒットさせる。右目尻をカットしたピネダが、両手を広げて追いかける。右ミドルをキャッチしたホワイトフォードが、直後に左ハイを再び蹴り込む。ピネダも右ハイを返すが、ここで組みつかれバックを許してしまう。前方回転からヒザ十字を狙ったピネダ、ヒザが伸びかけたホワイトフォードだが、足を抜いてサイドへ。

ピネダがケージを背にして立ち上がろうとすると、ホワイトフォードがヒザをボディに打ち込む。残り20秒、試合がスタンドに戻ると右へ回るホワイトフォードにピネダが後ろ回し蹴りをボディに打ち込み、2Rがタイムアップとなった。

最終回、ピネダのヒザ蹴りにダブルレッグを合わせたホワイトフォードが、ここでもテイクダウンを決める。ガードからエルボーを頭に入れるピネダだが、クローズドガードを取っており、立ち上がることができない。レフェリーがブレイクを命じる。すぐにシングルを狙ったホワイトフォード、ピネダもスイッチからシングルへ。ホワイトフォードは組んでバックに回ったところでまたもヒザ十字に捉えられる。ここも左足が伸びかける。体を捩じり、ヒザをルーズにしてトップに回ったホワイトフォードは、ピネダの三角絞めを担いでパス。ピネダはクローズドガードに戻すが、時間は残り1分を切る。

レフェリーがブレイクを命じ、直後に組んだホワイトフォードが引き込みへ。ハーフに取り、腰に腕を回してクラッチするホワイトフォード。このクラッチを外し、ピネダがキムラを狙うも諦めてエルボーへ。ここで3Rが終了し、ホワイトフォードが3-0で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie