この星の格闘技を追いかける

【Bellator112】TD&バック奪取合戦はマクドノーに凱歌が挙がる

2014.03.15

<シーズン10ウェルター級T準々決勝/5分3R>
アダム・マクドノー(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ジェシー・フアレス(米国)

間合いを計る展開、距離を作るための打撃のなか、遠い距離からフアレスがテイクダウンを奪い、肩固めへ。タイトに入ったように見えたが、体を横回転させるようにマクドノーが外し、試合はスタンドへ戻る。またも遠い距離から組んだフアレス。今度はバックに回り込むも、マクドノーが倒されそうになった時にバランスを取りスイッチ、マウントを奪取する。パンチからバックに回りRNC、そしてパンチをマクドノーが放ったところで初回が終了となった。

2Rもトップを取ったのはマクドノー。フアレスはラバーガードを取ったが、潰され足を一本抜かれる。脇差パスを決めたマクドノーがサイドからヒザを肩口に入れる。フアレスの起き上がる動作に合せるようにスタンドに戻ったマクドノーは後ろ回し蹴りをボディに見舞う。ヒザをついたフアレスが、パンチから蹴りで反撃に移るも、すぐにマクドノーが首相撲からヒザ蹴り、再び後回し蹴りを見せる。このタイミングで、フアレスはシングルレッグにでて尻餅をつかせるも、潰されてパンチを頭部に受け、このまま2Rも終了となった。

3R、マクドノーの左ローでバランスを崩したフアレス。すかさずバックに回ったマクドノーがシングルフックで背中を取る。横回転で仰向けになり、両足をフックしたマクノドーは左手をフアレスの喉下に回す。フアレスは後方へのパンチで抵抗するが、バックマウントから逃れることはできない。腹這いになり立ち上がったフアレス、残り2分でようやくフックを解いて胸を合わせる。

右ハイから組みついたフアレスがボディロックから前方に崩し、逆にバックへ。マクドノーは胸を合わせるが、腰をすくうように崩してバックを取ったフアレスが勢いのあるパンチを落す。たまらず上を向き、ハーフガードの状態になったマクドノーは、顔面に左のパンチを被弾する。起き上がろうとしたマクドノーにギロチンを仕掛け、引き込んだフアレスだったが、頭を抜かれ下に。マクドノーがパンチを落しながらタイムアップを迎え、直後に勝利を確信、両手を高く掲げた。結果は3-0でマクドノーがトーナメント準決勝進出を決めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie