この星の格闘技を追いかける

【OFC14】ドゥリーニョ弟エウベウが、PXC王者下し3連勝達成

2014.03.14

Burns

【写真】最後にアンクルロックに出たサルミエントだったが、エウベウは余裕で受け流した(C)ONE FC

<フェザー級/5分3R>
エウベウ・バーンズ(ブラジル)
Def.3-0
ハリス・サルミエント(米国)

PXCライト級王座を返上しOFCに移ったサルミエント、対するドゥリーニョ弟のエウベウはイヴォルブの新ブラジリアンファイターでOFC2戦目となる。ジリジリと距離を詰めるエウベウが、右ストレート。サルミエントも右を返すが、互いに標的に届かない。組みついたエウベウがテイクダウンを奪うと、足をコントロールして尻餅状態のサルミエントの背中をマットにつかせる。ハーフから上体を起こしたサルミエントに、エウベウがギロチン。一度はクラッチを解いたエウベウだが、サルミエントが起き上がり再びギロチンを掛けて引き込む。

タイトに決まったかのように見えるも、サルミエントは頭を抜く。トップを取ったサルミエントだったが、エウベウは落ち着いて足関節狙いからスイープの形となり、トップを取り返す。残り45秒、サルミエントのバタフライガードを潰したエウベウ、サルミエントは潜ってエックスガードを仕掛け、スクランブルに持ち込むと立ち上がることに成功する。ここで初回が終了、エウベウのラウンドとなった。

2R、エウベウの前蹴りに間合いを外したサルミエントが回って左ジャブを伸ばす。サルミエントは左から右を繰り出し、エウベウの右をよける。サルミエントの左ボディに、エウベウが首相撲から右ヒザを返す。エウベルの右、サルミエントの左が交錯する。サルミエントは右ローを蹴り込み、右移動。左ジャブから飛び込んだエウベウが組んで右ヒザを繰り出す。エウベウがサルミエントをケージに押し込む状態が続く。体を入れ替えたサルミエント、ワキを救ったように投げを決める。ガードを取るエウベウにローを入れるサルミエント、レフェリーがブレイクを入れて試合はスタンドへ。前蹴りから組んだエウベウが引き込みから腕十字へ。腕を伸ばす前に2R終了となった。

最終回、エウベウが右ローを2発入れる。右フックを返したサルミエント。エウベウが右ローから組みつくも、低い組みは仕掛けないエウベウ。四点ヒザ、サッカーボールキックを警戒しての押し込みか。ブレイク後、打撃の間合いになるとエウベウが、右ローを放つ。サルミエントは左ボディフックを2発見せる。左ジャブ、右ストレートを2発放ったサルミエント、サークリングに出ることでエウベウが組んでケージに押し込む。体を入れ替えたサルミエントは、大内刈りをかわし、差し上げ+シングルでテイクダウンを狙う。

横捨身のようにテイクダウンを奪ったエウベウだが、サルミエントはリバーサル狙いからアンクルロックへ。両手を広げて大丈夫だとアピールするエウベウ、ここで試合はタイムアップに。キャリア62戦目のサルミエントが、3戦目のエウベウが3-0で下し「最後の足関節は極まっていなかった」と語った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie