この星の格闘技を追いかける

【RFC Korea02】寺島も敗れ、対抗戦は3勝1分で韓国に凱歌

<バンタム級/5分3R>
イ・ユンジュン(韓国)
Def.3-0:30-27,30-27, 29-27
寺島孝祐(日本)

間合いを計る寺島、右フックを打ち込んでいく。寺島は右から左のローを入れ、イ・ユンジュンは右を伸ばす。ローの応酬のあと、右を打ち合った両者。右ストレートを受けた寺島が距離を取りなおす。寺島のローに対し、ヒザを突き上げるイ・ユンジュン。寺島の左ローにパンチを合わせようとしたイ・ユンジュンが直後に飛びヒザを狙う。これをキャッチした寺島だが、テイクダウンは奪えない。

残り2分、右から左をイ・ユンジュンがヒット、寺島も間合いを外して打ち合いに応じる。イ・ユンジュンの右クロスが伸びるも、寺島も直撃は避ける。残り30秒で寺島は右ハイをキャッチされテイクダウンを許す。蹴り上げでパウンドを受けなかった寺島に対し、イ・ユンジュンが立った状態でローを入れ、初回が終わった。

2R開始直後にテイクダウンを奪ったのは、イ・ユンジュン。寺島はシッティングから足に組みつこうとして、そのまま立ち上がる。右ローに右ストレートを合わされた寺島は、続く打撃戦のなかで左を受けて後方にバランスを崩す。パウンドを落されながらも、寺島がオモプラッタに。腕を抜いたイ・ユンジュンがスタンドに戻ると、レフェリーが間に入り寺島もスタンドへ。寺島は後ろ回し蹴りの直後に右を受けて、再びバランスを崩す。ここでも亀の状態でパンチを受けると、イ・ユンジュンが絞め狙いからパンチへ移行。寺島が立ち上ったところで、後方からパンチを打ち込む。

寺島もフックを返して距離を取るも、右から左のワンツーを被弾する。寺島の左ハイをブロックしたイ・ユンジュンが、右ストレートを伸ばす。しかし、寺島は左フックを打ち込み、動きの止まったイ・ユンジュンから右の追い打ちでダウンを奪う。すぐに立ち上がったイ・ユンジュンと組み合いからパンチ合戦へ。と、ここで寺島はスタミナ切れかテイクダウン狙いから引き込んでしまう。攻勢だった時間が多いのはイ・ユンジュンだが、寺島も一度はダウンを奪っており、3Rに望みを繋いだ2Rとなった。

最終回、ケージ際でエルボーからヒザ、フックを打ち込むイ・ユンジュン。間合いを取り直した寺島に対し、イ・ユンジュンもやや慎重な攻めを見せる。イ・ユンジュンが左を打ち込むと、闇雲に突っ込んだ寺島は目標を失いバランスを崩す。バックからパンチ、寺島が立ち上ったところでもヒザやパンチを放つイ・ユンジュン。寺島もここで向き合って、距離を取り直す。寺島は遠い距離からシングルに出るも、これは切られて逆にダブルレッグでテイクダウンを許してしまう。

残り1分、立った状態でパウンドを落したイ・ユンジュンは、オモプラッタを外してトップキープへ。残り20秒、寺島の蹴り上げから両者がスタンドに戻る。イ・ユンジュンのテイクダウンを切った寺島が、最後の打撃戦を挑もうとした矢先に試合終了の合図が館内に打ち鳴らされる。死力を尽くした戦った両者、リングアナが裁定を読み上げ、3-0でイ・ユンジュンの判定勝ちが決まった。RFC×パンクラス、韓日対抗戦は3勝1分でRFC=韓国に凱歌が挙がった。招聘側のバジェッドの関係で、日本側からの出場選手も決定するという歯がゆさがあるものの、今回も男子選手は3連敗、RFCでの苦戦は続いている。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie