この星の格闘技を追いかける

【TUF China Finale】キム・ドンヒョンらマカオ大会、勝者の声〈01〉

Kim Dong Hyun

【写真】ド派手なKO劇に舌も滑らかだったキム・ドンヒョン(C)MMAPLANET

1日(土・現地時間)にマカオのコタイ・アリーナで開催されたTUF China Finaleに出場した選手たちの試合後の声が届いた。今回はメインでド派手なKO勝利を手にしたキム・ドンヒョンを始め、7人の勝者の声をお伝えしたい。

キム・ドンヒョン

「素晴らしいKOだった。この勝利に狂喜している。マカオまで応援に来てくれた友人のためにも本当に良かった。この勝利は韓国に捧げる(※3月1日は三一節という、三・一独立運動を記念する韓国の祝日に当たる)。プレッシャーを掛け続け、ハザウェイにチャンスを一つもやりたくなかった。過去2試合でKO勝ちしているし、またそういう風に勝ちたいと思っていた。そのためにここにやってきたんだ」

ジャン・リーポン

「中国で初のアルティメット・ファイターになれて、メチャクチャ嬉しい。最初はスタンドで戦うつもりだったけど、1Rに寝技に持ち込もうって作戦を変えたんだ。今日の勝利は防御力があったから。本当に必死で練習してきたんだ」

マット・ミトリオン

「この勝利は僕の子供達に捧げたい。長いキャンプ期間中、彼らの成長を見られなかった。マカオのファンは凄く反応が良くて、もっとUFCについて知りたいと熱望しているようだった。素晴らしいことだよ。アジアのファンは凄く静かだと聞いていたけど、それが全てじゃないんだね。彼らは凄く盛り上がっていたし、アジアでの試合にとっても凄く良いことだよ」

ナム・ウィチョル

「本当に大変な試合だった。1Rで終ったと思っていた。UFCで戦えて良かった。すぐにまた試合をしたい」

ヴァウアン・リー

「中国のファンの前で良い試合がしたかったんだ。そう、ブルース・リーに凄く影響を受けたから、ブルース・リーのように戦おうってチョット思っていた。ここマカオで、楽しめるだけ楽しんだよ。UFCが用意した相手なら誰でも構わない、戦うよ。ただ戦うことが好きなんだ」

ワン・アンイン

「スタンド戦がアルバート・チェンとやれるとは期待していなかった。ただ、テイクダウンさらないようにと思っていたんだ。コーチも寝技を警戒していたし、テイクダウンを防ぐよう言われてきた。1Rで試合が終わるなんて驚いたけど、ドクターの判断が一番だからね」

マーク・エディバ

「1RにKOできると思ったけど、強くてタフな相手だった。2Rから試合をコントロールすることにした。ヒザ蹴りでダメージを与えることができたから続けたよ」

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie