この星の格闘技を追いかける

【TUF China Finale】初代TUFチャイナ覇者はジャン・リーポン

<TUFチャイナ・ウェルター級決勝/5分3R>

ジャン・リーポン(中国)

Def.2-1: 29-28, 27-30, 29-28

ワン・サイ(中国)

左ローから左ハイを見せたワン。さらに左ミドルを続けると、ジャンが右フックを振るっていく。ワンは左ハイから、右前蹴り。左フックは振りが大きく、空振りに。ワンが蹴り技を上下に散らせ、左ハイを繰り出す。ジャンも右前蹴りを放つが、すぐに左ミドルから右ローを受ける。残り2分30秒、ジャンがダブルレッグからテイクダウンを決めると、即バックへ。両足をフックして、右のパンチを落す。前方にジャンを振り落そうとするワンだが、1回転され仰向けにされてしまう。

チョークを狙われたところで、胸を合わせたワン。ここで得意のエルボーを落していく。ジャンはクローズドからラバーガードへ。さらにハイガードに移行したところ、三角から逃れたワンが逆にバックに回って両足をフックする。そのままの態勢で初回が終わった。

2R、蹴り技が少なくなったワン、ジャンのテイクダウン狙いを潰すと、バックに回り込む。胸を合わせたジャンが、再びダブルレッグに出ると、ワンはエルボーを左上腕に落とす。ここでヒザをついたジャンの頭部にヒザを入れたワンが、ペナルティで1Pを失う。再開後、直ちにテイクダウンを奪ったジャンが、ワンの起き上がり際にバックに回りテイクダウンへ。後方への投げから、バックコントロール、さらに両足をフックするが、足を一本抜いたワンがトップを奪い返す。

背中を見せたジャンの後方からパンチを入れるワン、ジャンは足関節を防がれ真っ直ぐガードに入ってきたワンに対し、クローズドガードを取る。極端に動きが落ち、反応が攻守ともに悪くなった両者。ジャンのラバーで、動きが止まる。頭を抜いてエルボー、起き上がったワンの顔面に蹴り上げをジャンが入れるが、ここはレフェリーはノーチェックに。ワンのトップで2Rが終了となった。

最終回、先にトップを取ったワンが、再びラバーに捉えられる。ジャンもそこから展開がなくクローズドへ戻すと、レフェリーがブレイクを命じる。ジャンのテイクダウン狙いを切ってバックに回ったワンは両足をフックしてパンチを入れていく。胸を合わせたジャン、ワンがガードに回るも、下からエルボーを入れる。パス狙いからスイープの反応にバックを伺ったジャン、ここで前方に落される。立ち上がったワンはローを蹴り込む。そのまま上体を起こして組みついたジャンだが、潰されガードへ。またもラバーで固まる両者。残り15秒でブレイクが掛かると、最後の10秒で殴り合いからワンがバックに回ったところでタイムアップとなった。

ファンの温かい拍手を受ける2人。スプリット判定の末にジャンが勝者に選ばれ、カン・リーが盾を渡すも、ブーイングが送られた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie