この星の格闘技を追いかける

【TUF China Finale】日沖が逃げ切り、2年3日ぶりの勝ち名乗り

2014.03.01

<フェザー級/5分3R>

日沖発(日本)

Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28

アイヴァン・メンジヴァー(カナダ/15位※)

オーソからすぐにスイッチした日沖、構えを変えながら距離を伺う。日沖の左ハイをキャッチしたメンジヴァー、一度は腰が崩れた日沖だがバックに回って押し込む。そのままスタンドで両足をフックした日沖が、RNCを狙う。ヒザをつき、すぐに立ち上がったメンジヴァーが尻をずらして背中をケージにつけようとする。胸を合わせたメンジヴァーは、アッパーを振るう。両者の蹴りが交錯、距離はメンジヴァーか。

アッパーをかわし、四つ組になった日沖がメンジヴァーをケージに押し込む。ヒザを突き上げるメンジヴァーが、体を入れかえるも、日沖も態勢を返してテイクダウンに成功する。ハーフからエルボーを落す日沖、残り1分を切ってワキ差しパスに成功しバックへ。腕までフックしてRNCを狙うも、振り落されそうに。足を制してトップを取り返した日沖のラウンドとなった。

2R、粗いフックからアッパーを振るうメンジヴァー。日沖は左の前蹴り、ショートのボディを繰り返す。タイミングよく前蹴りが入る日沖だが、観客の反応は薄い。間合いを測る両者にブーイングが送られると、組んできたメンジヴァーを制した日沖が、小外掛けでテイクダウンに成功する。そのままサイドに入った日沖が、右のパンチからアームロック、そしてバックへ。腕の上から両足をフックした日沖が腕十字へ。起き上がって腕を抜いたメンジバーパウンドを落す。体を起こした日沖は、ダブルレッグでテイクダウン。残り40秒、サイドは足を戻された日沖だが、ギロチンを抜いてアームロックへ。ここをスイープしたメンジヴァーが、ギロチンを仕掛けようとしたところで2Rが終了した。

3R、メンジヴァーの踏み込みの音に反応する観客。日沖は右ミドル、メンジヴァーがローを返す。と、右フックを受けて腰から崩れた日沖。すぐに立ち上がって組みに行くもいなされる。荒いパンチを振るうメンジヴァー、日沖の顔面が真っ赤に染まっている。メンジヴァーの右ハイが日沖の顔面を掠める。危ない空気が漂うなか、日沖も前に出てパンチを振るうが、なかなか当たらない。

残り1分、右ジャブを当てる日沖。右前蹴りから、左ボディと続ける。残り25秒を切って、日沖はダブルレッグを決めるも、メンジヴァーがヒールに切り返したところでタイムアップとなった。1Rは日沖、3Rはメンジヴァー。2Rは態勢を入れ返されたものの、先手を取っていたのは日沖だが……。果たして、ジャッジは3者とも29-28で日沖を支持し、2年と3日振りの勝利を手にした。

※バンタム級

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie