この星の格闘技を追いかける

【Bellator110】ゴイチ、ガードから極め防がれ初戦敗退

2014.03.01

<シーズン10フェザー級T準々決勝/5分3R>
ウィル・マルチネス(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,30-27
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)

左ジャブから右フックを見せるヤマウチ、組みついてきたマルチネスを逆にケージに押し込む。ヤマウチは離れてヒザをボディに突き上げる。続く飛びヒザをキャッチされ、シングルで倒されたヤマウチは、オモプラッタから足関節を狙う。既に立ち上がっていたマルチネスは鉄槌を落とし、足を引抜くと右のパウンドを放っていく。デラヒーバガードのヤマウチは、パンチを落され、足を畳まれる。ペラダーダからデラヒーバフック、そのままヒザの裏を抱えるも顔面にパンチを被弾したヤマウチは、フルガードに戻した。

残り90秒、デラヒーバガードを取るので、立ち上がることができないヤマウチはポイントを考慮しないスタイルで戦う。ヒップスローから三角を狙いながら、ヒールに切り替えて後方にスペースを見つけて立ち上がる。そのままケージに押し込んだが、テイクダウンを奪えずマルチネスが初回を取った。

2R、マルチネスは左フックから右を振るって前に出ると、組みついてヤマウチをケージに押し付ける。ヒザを見せるヤマウチだったが、アンクルピックでテイクダウンを奪われる。クローズドガードから足をすくおうとするヤマウチに対し、マルチネスがトップをキープして印象点を稼ぐ。スイープ狙いから立ち上がったヤマウチは体を入れ替えて離れる。左ミドルを決めたヤマウチ、続く左ジャブは相打ちに。

フックの打ち合いはヤマウチが制したが、左の相打ちはマルチネスが打ち勝つ。と、残り1分を切ってマルチネスがラフな左フックから、右をヒットさせる。下がりながらカウンター狙いのヤマウチは、打ち合いの中で下がってさらに印象を悪くする。2Rもマルチネスのラウンドとなった。

最終回、勢いに乗ったマルチネスが左フックから前に出る。右ストレートをもろに受けたヤマウチは、組んで腰をコントロールするもテイクダウンに結び付けることができない。ヒザを蹴り上げ、シングルに変えたヤマウチ。足を振り上げても、マルチネスは倒れずに距離を取り直す。残り半分、マルチネスは組んでドライブし時間の経過を待つ。時間はさらに進み、タイムアップまで70秒に。ついにジャンピングガードで引き込んだヤマウチは腕十字から、ヒールフックを仕掛ける。体を捩じってヒザを抜いたマルチネスは、ケージを掴んで鉄槌を落す。ヤマウチは起き上がってシングルを仕掛けるも、ここも倒し切れずタイムアップに。結果はマルチネスがフルマークでダースホースのヤマウチを破った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie