この星の格闘技を追いかける

【PXC42】テイクダウンで攻めたジョーンズがスプリット判定で勝利

2014.03.01

<バンタム級/5分3R>
トレヴィン・ジョーンズ(グアム)
Def.2-1
リッキー・キャンプ(グアム)

サウスポーもジョーンズに対して鋭いインローとパンチを見せたキャンプ。組みついてケージに押し込んだジョーンズがテイクダウンを仕掛ける。キャンプもケージを背にスタンドをキープする。しつこくテイクダウンを狙うジョーンズだったが、レフェリーはブレイクを命じる。再開後、キャンプは右ストレートと右ミドル。ジョーンズは右フックとインローを蹴り返す。

2R、キャンプが右ミドルとインロー、ジャブから右ストレートで飛び込む。一瞬、動きが止まるジョーンズはダブルレッグでケージに押し込むが、ケージを背にしたキャンプを倒しきれない。逆にキャンプが態勢を入れ替えてトップポジションを奪い、ハーフガードからヒジとパンチを落とす。

3R、キャンプの右ストレートを受けながらも組みつくジョーンズ。だがここもテイクダウンは奪えずブレイクに。スタンドではキャンプが右ストレートで飛び込んで右フック、ジョーンズがケージに押し込む。ここまでキャンプのテイクダウンディフェンスに苦しんできたジョーンズだが、キャンプにしりもちをつかせ、立ち上がり際にバックポジションを奪うことに成功。キャンプも腰を上げてジョーンズを前に振り落とそうとする。耐えるジョーンが何とかバックをキープしたところでラウンド終了。テイクダウンを仕掛け続けたジョーンズがスプリット判定で勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY